« 久々の恵比寿 | トップページ | お水取り »

2006年2月28日 (火)

流出

昨日からノドが痛くて、少々熱っぽくて、ダルイです

――典型的なカゼですね。

今日こそは、早く寝ようと思います。

そんなことより、情報漏洩が止まりません。

23日の海上自衛隊の情報流出の記事に引き続き、

今日は更に4人から、機密情報がネットから流出したことを

確認と報道されています。

また宮城県の教員のPCから児童700人分の情報が

ネットから流出したというニュースもありました。

両者の共通点は、いずれも「ウィニー」が原因ではないか

とされており、同時に個人所有のPCから

このような事故に至っているようです。

こうした事件の背景には

セキュリティの面から問題であることは知りつつも

各事業所によって、業務に必要なPCが行き渡らず

(あるいは普及に頓雑な手続きが必要なこともあって・・・)

個人PCでの業務を黙認してしまっている風土が

どこかにあるのではないでしょうか?

この場合の事業所とは民、官を問いません。

また単に個人PCを持ち込ませない、というだけでは

何の対策にもなりません。

なぜなら、それだけでは

これまで個人PCに頼っていた一部の業務は

解決されないまま、山積してしまうからです。

一時的な締め出しにはなるかもしれませんが、

手口が巧妙化するだけで

根本的な解決にならないのではないでしょうか。

セキュリティには、完全性、機密性も大事ですが

同時に可用性も必要です。

使う側にとって、即した機材、使い方ができないと

規定(ルール)の運用に行き詰まります。

仮に運用できたとしても

今度は業務に支障を来すのではないでしょうか?

そしてPC1台、確かに安いものでは無いかもしれませんが

それを惜しんだために支払わなければならない

道義的責任を考えても良いと思います。

ただし、業務で個人PCを利用されている方も

おかしな言い方かもしれませんが

もっと注意を払うべきだと思います。

そのPCは

正しくパスワードがかけられているでしょうか?

セキュリティソフトは常にアップデートしてあるでしょうか?

流出して困るようなデータは、暗号化されているでしょうか?

出所の分からないソフトなど入れていないでしょうか?

私にとって、改めて考えさせられる事件でした。

|

« 久々の恵比寿 | トップページ | お水取り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50722/878717

この記事へのトラックバック一覧です: 流出:

« 久々の恵比寿 | トップページ | お水取り »