« 衛星エンセラダス | トップページ | 少子化 »

2006年3月10日 (金)

倫理観

これまでこのブログの中で、

情報流出にウィニーが引き金となっている事件を

ニュースを元に書いてきましたが

ウィニーそのものについて書いたことはありませんでした。

ファイル共有ソフトという性格から

どうしても著作権、情報漏洩、流出、盗難、といった

犯罪に絡んで、多用される傾向にあります。

(結果論かもしれませんが)

この作者も昨日の公判で

「(こうした事件を)防ぐことはできるが、新たな罪に問われるため、できない」

としているようです。

毎日新聞

近時片々 『警察官ならぬ「軽率官」のまん延』

http://www.mainichi-msn.co.jp/eye/kinji/

現在公判中のため、その是非は

司法に任せたいと思いますが、

あくまで私見として

こうしたソフトは作り手にも、そして使い手にも

問題があると言える気がします。

例えば、包丁などは料理をするための

便利な道具です。

しかし間違った使われ方をした場合、

それは凶器となってしまうことがあります。

包丁に限らず、

便利な道具であるか、凶器となるかは

使い手の倫理で決まります。

同時に、間違った使い方を誘引するようなものや

害となるようなものを

作り手は公開すべきではないでしょう。

仮に早計に公開してしまったとしても、

製品の有償、無償は問わず

すぐに改訂する必要があるのではないでしょうか。

これは作り手の倫理です。

インターネットの中であるか外であるかは、

道義的には無関係だと思います。

自分にとって便利であることや、楽しいことが、

結果的に、他人を傷つけることになっても

良いはずがありません。

倫理観を身につけた上で

良きユーザー、良き制作者でありたいものですし、

警察官の方々も「倫理官」であってほしいものです。

|

« 衛星エンセラダス | トップページ | 少子化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50722/982268

この記事へのトラックバック一覧です: 倫理観:

» ウィニーによる情報流出、危機意識が足りない。 [エヌのブログ]
インターネットは非常に便利だが、同時に、極めて危険だ。これは常識。 最近は、ファイル交換ソフト「ウィニー(Winny)」による情報流出が止まらない。警察、自衛隊、裁判所、地方自治体、病院、NTT、保険会社などから、次々に機密情報や個人情報がウィニーで流出するという不祥事が多発している。 殺人事件の捜査資料などが流出した愛媛県警の場合は、問題の警部が私物パソコンに「興味本位でウィニーをインストール」しており、... [続きを読む]

受信: 2006年3月12日 (日) 10時37分

« 衛星エンセラダス | トップページ | 少子化 »