« あれから20年 | トップページ | ナスカ展 »

2006年3月24日 (金)

国民の借金

借金があります。

別に「○コム」や「プロ○ス」で
調達したわけではありません(笑)。

でも、これをお読みになっている
あなたも、私と同じ額の借金があるはずです。

身に覚えがない!! ――でしょうか?
私もです...が間違いの無い話です。

財務省によると、昨年末までの
国の債務残高が、848兆円となったそうです。
国民一人当たり、約637万円の借金
ということになります。

(そんなに?高っ!!!)

ここでの「国民」は、
生まれたばかりの赤ちゃんも含まれています。
彼らこそ、
身に覚えがないと言いたいところでしょう。

借金は、昨今の景気回復にも使われています。
経済成長を至上命題としているため、
こうした借金が膨れあがるのです。

目先の経済効果や成長を求めるため、
借金で補てんして、帳尻を合わせようとするわけです。

冷静に考えれば
どれだけ愚かな経済政策かが分かります。

国だからこそ通用する考え方で、
何もない個人に
600万円以上のお金を貸す機関は
銀行にしても、消費者金融にしても無いでしょう。
しかも国に対して、お金を貸しているのは
我々国民です。

そういえば昨年はマネーゲーム活況となり、
個人向けに国債を売り込もうと
広報に懸命でしたっけ。

頑張りどころが違うんだよなぁ。

毎日新聞
『国の債務残高:800兆円突破 国民1人637万円の借金』
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060325k0000m010102000c.html

|

« あれから20年 | トップページ | ナスカ展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50722/1154906

この記事へのトラックバック一覧です: 国民の借金:

« あれから20年 | トップページ | ナスカ展 »