« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月30日 (土)

居酒屋で仕事の話を

昨日は久々、会社の同僚と飲みました。

でも、居酒屋を探すまでが一苦労で
東京駅周辺は、どこへ行っても「あいにく満席」でした。

どうしてだろう、どうしてだろうと
同僚と二人で、店を探してうろうろしながら
同僚は、ふと思い出したように
「今日もしかして、金曜で、しかも月末じゃなかった?」

――言われてみれば、その通りで
お目当ての居酒屋が、軒並み満席なのも説明が付きます。
しかし理由は分かっても、現実は厳しいもの。
私たちが、最初の一杯にありつけたのは
居酒屋探訪を始めてから、1時間後のことでした。
ヤレヤレ。

東京駅近くにある居酒屋『えん』は、
彼と飲むとき、いつも使うのですが
料理も、置いてある酒も
話のじゃまにならないどころか
逆に膨らませてくれる、私たちお気に入りのお店です。

酒の席で、同僚とは
やはり仕事の話で、大いに盛り上がりました。
お互い会社に対する考え方や、方向観を模索できる
良い時間だったと思います。
今後も、こうした時間は作れるようにしていきたいですね。

料理も期待通り、おいしかったです。
最後に注文した、焼いたサンマにおひつご飯のセットが
(おしながきの、ちゃんとした名前を忘れてしまいました)
本当においしかったです。
シーズン中に、まだまだ食べておきたいですねぇ。

と、ここまでで終わっとけば良かったのですが
どうにも勢いが止まらず、朝までカラオケへ......。
まぁ、たまには息抜きも必要ですから(言い訳)

それにしても、「大塚愛」とか
勝手に選曲して、私に無理矢理歌わせるのは
やめてもらえませんかねぇ(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月29日 (金)

朝から京葉線が

今日は京葉線にとって
そして、利用している通勤通学客にとって
受難の一日でした。

私も、この受難を受けた利用者の1人です。
通勤のため、東京駅から京葉線を利用して
越中島まで通っています。

さすがに今日は、東京駅に着いてすぐ
京葉線不通のアナウンスを繰り返してましたので
すぐさま地下鉄の東西線・大手町へ直行
門前仲町で降りることで、事なきを得ました。

しばらくすれば、復旧するモノだと思っていましたが
今日中には復旧の目処は立たず
明日の午前中も、復旧作業にかかってしまうようです。

原因は、JR東京駅地下にある変電所と信号通信機器室で
起こったぼやらしいのですが
そのために、京葉線の信号系統の障害が発生したそうです。

――と、冷静に言ってみたものの
やっぱり、事故が起こって列車の多くが運休ともなれば
腹立たしいものがあります。
そして、明日の朝も
迂回経路で通わなければならないかと思うと......。

とはいえ、明日午前中は病院で健康診断。
会社へ行かないんでした。

検診が終わった頃には、ダイヤは復旧しているのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月25日 (月)

『お金と正義』読みました

神田昌典さんの新刊『お金と正義』を
たった今、読み終えました。

やはり神田さん、先見の明があるというか
時代の流れが見えているというか
エンタテイメント作品としながらも、その中にあるエッセンスは
侮れないモノがありました。

詳細は、また後日にしましょう。

すっかり、秋らしくなりました。
朝晩が涼しいですから、カゼにはご注意を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月23日 (土)

Simachuに行きました。

昼過ぎから、ホームセンターへ行きました。
先週とは別の、Simachu(島忠)です。

目的は、園芸コーナーの視察(笑)と
キッチンのシンク用品の買い物です。

Simachuは、さいたま新都心にある
カタクラの園芸コーナーとは、また趣が違っていて
果樹の苗などが売っているのが
特徴ではないかと思っていて、個人的に
大変気に入ってます。

それでも、やっぱり
秋植えの球根は、勢ぞろいというのは
この時季、どこの園芸コーナーでも見られます。
ここでもスイセンやチューリップは
賑やかに売り出されていましたよ。

最近では、おもしろい形のチューリップが
よく売り出されているので
今年は、そうした種類も試してみようと思ってます。

夜には、注文していた
神田昌典さんの本『お金と正義。(上)(下)』が届きました。

060923_2042001

この4連休も、明日で最後となりますから
それまでに一巡はしたと思いと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月22日 (金)

ペルシャ文明展に行きました。

上野にある、東京都立美術館で開催中の
『ペルシャ文明展~煌めく7000年の至宝』を見てきました。

第一印象としては
平日の午後なのに、結構人が入ってるなぁ――でした。
全然、展示内容の感想じゃありませんね(笑)。

さすがに、働き盛りの同年代は、見あたりませんでしたけど
悠々自適な世代の方が多かったですね。
驚いたのは、高校生数人がグループで見学してたことです。

個人的に、このような展示と一番遠い(失礼!!)のではないかと
思うのですが、最後まで彼らなりに盛り上がりながら
見学していたようです。

また、それと別に
大学生くらいの方でしょうか?
世界史の用語集を片手に(調べながら)
見学されている姿もありましたね。

ちょっと異様な(これまた失礼!!)光景でしたけど
本気で勉強されている方は、こうした見方もあるかもなぁ、と
感じました。

私自身、世界史は得意ではなかったのですが
(このペルシャの辺りは、特に苦手でした)
今回の企画展で、良い復習になりました。

企画展の銘にもあるように
文明としては、紀元前5000年頃から
興っており、当然、その頃の出土品として
土器などが、主な展示内容ですが
アケメネス朝へ移ると
黄金のリュトン(酒器)を残すほどの、国力になるわけです。

実は、日本の正倉院に収められている
いくつかの品々は、ササン朝ペルシャ由来のモノが
あるのだそうです。

遠い世界の話と思いきや
少なからず、日本と関わりがあったんですね
ペルシャって。

この企画展は、10月1日(日)までの展示ですから
見ようと思われてる方は
お早めに、ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月21日 (木)

季節はずれの大掃除

今日と明日、少し遅めの
夏休みを取りましたので
(もう、秋休みですね......)

昨日は、会社の飲み会があって
(ちょっとばかり、飲み過ぎましたね)
少し遅めに起きて、布団干し
それから洗濯と、掃除をすることにしました。

長期出張をしていましたので
この3ヶ月ほど
部屋の掃除が、できていませんでした。

元々、片付けるのが苦手な性分なので
3ヶ月――より、もっと前の
ゴミを発掘したりして......(トホホ)

半日がかりで、疲れましたけど、ようやく
ホコリっぽかった部屋と
ベタザラなフローリングが、キレイになりました。

一人暮らしで、家にいる時間も少ないのですが
やっぱり、掃除は定期的にやらないと、いけませんよね。

次は、手入れをしない間に
我がもの顔に成長した、庭の雑草を刈らないと......
でも、これは後日で。

庭は今年、種を蒔いてないはずの
アサガオが、草むらの中から
忘れた頃に顔を見せてくれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月19日 (火)

セミナー申し込み

神田昌典さんが、またまた新刊を出されるそうです。

夕方頃、その告知と
購入した方への無料セミナーの案内メールが
届きました。

届いたときは、まだ仕事中。
会社の中にいましたから、さすがに
そこからアマゾンに飛んで、購入
――というわけにも行かず
つい先ほど、購入し
無事、セミナーへの申し込みも完了しました。

つい先日も、ビジネスコーチングの
CDセミナーも申し込み済み......。
自分自身で、来年の年明けまで
インプットの機会を設定してみました。

これまで、あまりセミナーなどへ
参加できなかった、ストレスの
反動でしょうね、たぶん。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月18日 (月)

ちゃんこ を食べに行きました。

夕方から、家族と
ご飯を食べに出かけました。

大宮駅前にある
「Chanko Dining 若」へ行ってきました。
元横綱の花田勝(若乃花)さんのお店です。

私も、私の家族も
大宮に住んで長いのですが
実は、このお店に来たのは初めてで
店員さんに聞いてみたら、来月で1周年だそうです。

家族そろって、地元の新興エリアの
アップデートができてないようで......(苦笑)

店内は、落ち着いた雰囲気で
ちゃんこも、スタッフの方が作ってくれますから
こちらの会話も途切れることなく
最後まで、楽しむことができました。

最初から最後まで、スタッフの方は
一つのテーブルに付きっきりでは無いのですが
フロアを動いている最中に
各テーブルの鍋の様子を見てるんですね。

気配りや、対応の仕方など
訓練を受けている様子が感じ取れました。

こうしたお店で
スタッフのオペレーション力は
侮れないですよね。

勉強になりました。

私たちが入店した夕方には、まだ
お客さんの入りは、まばらでしたけど
(夕方くらいだと、どこの飲食店もそうですよね)
帰る頃には、満席になってました。

やっぱり人気があるんですね。
予約しておいて良かったです(ホッ)。

もちろん
ちゃんこも、おいしかったですよ。
「塩ちゃんこ」は上品で、食が進みました。

次回は母と、
妹の旦那も含めた食事会にしたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の園芸コーナー

久々に、地元のホームセンターの

園芸コーナーへ足を運びました。

(地元といっても、さほど近いわけではありませんけど)

肌で感じる季節も、そうなんですけど

店頭に並ぶ、草花を見ていると

やっぱり秋なんだなぁ......と感じますね。

園芸初心者には、ホームセンターの園芸コーナーは

あまり勧められないと、私の好きな園芸家の方は

おっしゃってましたけど

まだまだ、花と名前が一致しない

私のような日曜園芸家は、まずは

量稽古だと思ってますので、数が豊富に置いてある所へ出向き

いろいろと見学して回る、町中の植物園感覚で

定期的に通うようにしています。

ちょっとした、季節感も感じられますしね。

もう、チューリップの球根を植える時季ですよ。

栽培が簡単ですから、今年はちょっと変わった品種を

植えてみたいと思ってます。

でもその前に、長崎に行ってる間、旺盛に育った

雑草たちを、どうにかしなければ......(涙)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月16日 (土)

仕事上でのトラブルも、何とか乗り越え
長崎から引き上げることになりました。

梅雨が始まる前の6月初旬から、約3ヶ月間
長崎で吹く風や雲も、すっかり秋を感じるようになりました。

私の今年の夏は、長崎が全てでした。
かなり楽しませてもらったと思いますよ。

今日は、長崎最後の日なので
出発前に、あちこち写真を撮りに行こうと
思ってたのですが......
(フィルムのカメラで、ですよ)

台風の影響で、撮ろうと思うと
激しく雨が降り出し
退避すると、雨がやみ薄日がしてくる、という
何とも、忌々しいコンディション。

予想外に、撮影枚数は進みませんでした。
残念です。

最後の記念に、長崎駅前の風景を載せておきます。

060916_1204001

できれば、10月に催される
長崎くんちへも、プライベートで行きたいですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤身やトロの寿司は、好きですか?

WWF(世界自然保護基金)と
環境保護団体のグリーンピースが動きました。
地中海のクロマグロが、絶滅の危機に瀕しているようです。

どういうことでしょうか?

それは、日本人がマグロ好きだからです。
――冗談ではありません、本当ですよ。

寿司が好きな方も多いと思いますが
その代名詞ともいえる、赤身やトロの原材料は
このクロマグロなんです。

当然、その最大消費国は日本ですよね。
そして近年では、ヨーロッパ全域でも
寿司は、ブームらしいのです。

日本文化が、海外で受け入れられていることは
大変うれしいことなのですが
一方、地中海周辺では
クロマグロの乱獲が進んでおり
WWFやグリーンピースは
これが続けば、絶滅の危険があると指摘しているのです。

まず、私たちが認識しなければならないのは
こうしたクロマグロは、野生動物だということです。
回転寿司のように、次から次へと際限なく
こちらの都合で、降ったり
湧いたりする類のものではありません。

そして、クロマグロだけでなく
私たち日本人が、一大ブームを巻き起こすことで
世界中の生物たちを
絶滅に追いやる危険性があることを
そろそろ、学ぶ時ではないでしょうか?

もともとは、庶民の味だったはずのマグロ。
冷静に考えれば、今後
赤身やトロの刺身、寿司の価格は
間違いなく値上がることでしょう。

ちなみに私は、赤身より
白身の方が好みです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月14日 (木)

ウソや、ごまかしは良くないですよね

今回のユーザ先では
「センター~営業店1店舗」が、つながらなかったのですが
私たちの設定ミスだけでなく
ユーザのWAN回線の手配ミスも重なっていました。
重なるときは、重なるのですね。

そのためWAN回線の業者も
回線をオープンしていないと
言っていました。

しかし、このWAN回線業者
(日本最大級の通信キャリアです)
翌日の打合せの場で、手のひらを返す発言をしてきました。
予定は先だが、通信できる状態になっていた、というのです。

残念ながら、私は
問題のあった営業店に居たため
この打合せに出られなかったのですが
回線業者は、こちらには伝わらない資料(図のみ)を配り
口答での説明は、してきたそうです。

しかし、肝心な部分を質問すると
「私は営業なので、技術的なことは分かりません」
の一点張りだったそうで、さらに
言うに事欠いて、私たちの設定が
間違っているからだと、反論してきたというのです。。

こちらの設定ミスは、クリアしているというのに、
そして技術的なことは分からんと自分で言ってるのに、ですよ。

もともと、この業者は全国的に
責任を素直に認めない体質があるようで
もしも、自分の回線に問題があると分かっても
ひたすらシラを切り、知らない間に修正するということを
かつてから、行っている節があります。

しかし通信大手だけに、ユーザとしても
納得できないまま、利用せざるをえないわけです。

結局、この業者
今日の夕方になって、問題箇所をテストしたところ
「やっぱり、つながりませんでした」と
言ってきました。

お互い、ミスがあったとしても
誠意ある対応を心がけたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月13日 (水)

ヒューマンエラー

仕事上でトラブルが発生し
この場への書き込みが、しばらく
滞ってしまいました。

トラブルは自然発生するものもありますが
今回は違いました。
複合的な、人為ミスによるもので
私自身も無関係とは言い難い結果でした。

時間がない中といえ
こちらのチェック体制が甘かったことは
素直に認めなければなりません。
猛省している最中であります。

私の仕事はLAN設計・構築です。

知らない方はイメージしにくいかもしれませんが
従業員規模も比較的多く
支店、営業所、事業所などの拠点も
今回のユーザのように
100以上あるような企業が、私がいる会社にとっての
主なユーザです。

そして多くの場合
ユーザ自体も、そのネットワークを利用するのですが
むしろユーザの顧客(エンドユーザ)も併せて利用するような
環境下でのネットワークを作っています。

少し、まどろっこしい言い方をしてますけど
わかりやすくいうと、皆さんの会社の、システム担当者の方々と
時々打合せに来たりしに来る、技術部隊の1人なんです(笑)。

ヒューマンエラーは誰しも、起こすものなのですが
技術者として、それを未然に防ぐことに
手を抜いてはいかん、と肝に銘じておる次第です。

しかし、話は
それだけでは終わりませんでした......。
このつづきは、また。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 6日 (水)

羽田までのリムジンバスにて

今日は朝から、怒り心頭なできごとがありました。

地元の大宮駅から羽田空港まで
リムジンバスが出ています。
今朝7時発を利用したのですが、
そのバス、定刻を20分も過ぎて
ようやくバス停に姿を現したのです。

そして、運転手のアナウンスです。
首都高が渋滞のため
このバスを利用する場合、遅延は了承しろ
という趣旨です。

私はこのバスに、予約を入れていました。

予約の際、申込者の電話番号を入力することになっており
私は、ここに携帯番号を登録してありました。

バスが定刻に遅れるのであれば
なぜ、まず電話で連絡して来ないのでしょうか?

遅れることが、事前に分かっていれば
まだ別の手が打てるかもしれません。
20分も遅れてきて、さらに目的地にも遅れるなど
そこから他の交通手段にスライドする、
こちらの労力を一切考慮しない、無責任な行動というものです。

さらに言えば、予約時に料金は払ってしまっています。
たいした額ではありませんが
時間に遅れた、という程度では戻ってこないでしょう。

バスは、路面バスや高速バスにかかわらず
遅れるのが当たり前、と言わんばかりの姿勢が
腑に落ちません。

渋滞などが起こることは、誰でも予想できること。
さすがに私も、渋滞を無くせとは言いません。

しかし、それをビジネスモデルとして
組み込むことができれば、クレームではなく
喜んで選ばれる交通手段となると思うのですが......。

遅れるときは連絡を入れる。
到着時間に幅を持たせ、それを超えたら料金を払い戻す。
(今の時代、時間はタダじゃありませんからね)

私たちの日々のビジネスにおいて
常識とされることは、どうもバス業界では
非常識となっているようで残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 4日 (月)

社内のミーティングにて

打合せをしました。

金曜日に部長クラスから
出た通達事項を、そっくりそのまま
メンバにお知らせしただけ......なので
打合せというより
伝言しました、が正しいでしょうか?

寄せ集めれば10名くらい、いるはずのメンバも
今日は集まりが悪く、私の他は3名。

だったらメールで周知でも良かったのですが
3名に関しては、多少時間を割ける状態だったので
あえて、ミーティング形式にしてみました。。

そこでの気付きです。

私のお知らせに対して、理解しながら聞こうとしている
Mさんは、自然と質問が出てきます。
「どうして、そういう経緯になったの?」
「具体的な数字は?」
――積極的に関わろうとする姿勢が伝わってきますよね。

ところが一方のO君は、私がお知らせしている間
持ってきたノートとペンを机に置いたまま、メモも取らず
ただ、聞いているだけでした。

こいつ、ちゃんと聞いてるのかな......??
少人数なので、ダイレクトに伝わってきます。

ミーティングが終盤にさしかかった頃
その様子を見かねたKさんは、O君に尋ねました。

Kさん「全くメモ取ってなかったけど、今言われたこと覚えてます?」

O君「覚えてますよ」

Kさん「要点が4つありましたけど、言ってみてくださいよ」

やはり(?)、O君は答えられませんでした。

今日のミーティングでの内容は、基本的に
事務連絡ですから、主となる業務とは関係ないから
という言い訳もできるかもしれません。

でも、トータルで仕事ですからね。

そして、こうした日頃の積み重ねが
主となる業務での信頼を築いていくのだと思います。

好みで仕事を振り分けている人は、
好みで仕事から外されます。
しかも、業務連絡レベルで
支障が出るようであれば、基礎的なビジネススキルに
問題があるといわざるを得ません。

――と断罪してみたところで、同じ会社の人間同士なわけです。
立場上、手入れをしないわけにはいかないでしょうねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 3日 (日)

アキバのヨドバシ

写真熱に火がついたので、久々に

秋葉原のヨドバシカメラに行ってきました。

やっぱり、いつ行っても人が多いですねぇ。

店員さんも常に戦闘態勢な所は、素敵です。

品揃えも豊富ですし、見栄えがありますよね。

もちろん、お目当てはD80でした。

発売前にも触ったことのあるボディですけど

取りあえず、もう一回触ってみて......

それで分かったのですが

秋葉原のヨドバシカメラの特徴は

お勧めカメラは、異なるレンズを付けたものを

複数台置いているんですね。

一眼デジカメですから、レンズは交換ができるんです。

(知ってる方はゴメンナサイ)

だから、カメラも大事なんですけど

その先に、どんなレンズが合うか

どんなレンズで撮ろうか、ということも

大事な要素なんですね。

さすがはヨドバシ、買い手の心が分かってるなぁ~

と思った次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 2日 (土)

あのガチャピンが......

たった今、知ったのですが
あのガチャピンがブログを書いていたのですね!!

ガチャピン日記(ブログ)
http://gachapin.fujitvkidsclub.jp/

もともと世間が夏休みシーズンに
突入したことを受けて
「夏休みの日記」を想定して
ブログを始めたようなのですから
ある意味、今さら......と言う話題なのですけども。

ブログブームもここまで来たか~、と
思いながらも
拝見させていただきましたが
私の第一印象は、「働いてるなぁ~」でした。

ガチャピンと言えば
私が子供の頃からフジテレビで活躍している
大人気キャラクターです。

ちなみに
ガチャピン、なんて呼び捨てにしてますけど
間違いなく、年齢的にも社会的にも
私なんかより断然、先輩格に違いありません。

当時から
海に潜ったり
山へ登ったりと、いろいろなことに
チャレンジし続けていたガチャピン。
その精神は、今でも変わってないようです。

実際、ブログの中にも
ガチャピンの行動履歴が盛りだくさんに
記されています。

チャレンジし続ける。
そこが、ガチャピンとほかのキャラクターとが
明確に異なる部分――つまりブランドなんでしょうね。
勉強になりました。

夏休みは終わっても
ガチャピンのブログは継続するそうですよ。

これからも、チャレンジし続け
多くの人から愛される
キャラクターであって欲しいと思います。

ガチャピンさん(急に敬語!?)
まだまだ、頑張ってくださいね。
応援してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お金が降ってきました。

この場では、何度か書いてたんですけど

最近デジカメが欲しいなぁ~と思ってたんです。

けど、やっぱり お金が厳しいかな......

でも良い機会だから絶対欲しいよな

ちょっと無理しちゃうかぁ――とかホントに考えてたんですよ。

ところが、そんなことを考えてるうちに

お金が向こうから降ってきたのです。

そりゃ、ホントに空から降ってくるわけじゃないですけど(笑)

会社から臨時収入が出ることが決まったんです。

非公式レベルで金額を聞いてみると

ちょうどデジカメが買えるくらい、でした。

あまりにもタイミングが良すぎてびっくり!!なのですが

これも念ずれば通ず、潜在意識の効用でしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »