« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月29日 (水)

マグロは多少高くても、食べ続けたい!!

毎日新聞の社説には
『マグロの保存 持続可能な漁を訴え続けよう』
との記事が書かれてありました。

以前にも、この場で書いた気がするのですが
今、マグロは絶滅の危機に瀕しています。

世界的な消費量の増加に加え
高値でも取引に応じる、日本という国があるため
いわば、密漁も後を絶たないようです。

マグロに産卵させるところから始める養殖は、
日本で行われています。

これは、実際の漁獲を押さえる目的もあるわけですが
世界では、やせたマグロを捕まえて
それを肥らせてから出荷する、といった畜養が
行われているようです。

これでは、漁獲は押さえられません。
しかし、漁獲後すぐに取引されるわけでないので
漁獲枠と関わりは、取り沙汰されないようです。

職場近くにある、マグロ定食専門の飲食店は
最近、値段を引き上げました。

やはり、原因は
こうした経緯にあると、店内に新聞コピー付きで
貼り出されてありました。

これからも、マグロは
値上がり続けるのかもしれません。
需要が高まれば、値段が上がる
それも世界的なレベルであれば、当然の理屈です。

それでも、日本の食文化として
マグロは食卓にありたいものです。

マグロを、第二のクジラにしないためにも
今、律しましょう。

野菜や肉にできるのであれば
その魚が、どこでどのように捕れたかといった
トレーサビリティを示すものを
早く、一般化してほしいですね。

となると、その次はブランドマグロなんかも
出たりするんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月26日 (日)

『仏像 一木にこめられた祈り』を見てきました

東京国立博物館で開催中の
『仏像 一木にこめられた祈り』を
見てきました。

仏像を見に行くのは、もともと好きなので
大変興味深い内容でしたし
まだまだ知らない世界があるなぁ、と感じました。

一木で作る、と言っても
必ずしも、一本の木でできているわけでなく
主要な部分を一本で作られているものを
指しているのだそうです。
(こうした概念も、今日初めて知りましたしね)

それにしても、木を彫ることで
あんなに豊かな表情を持たせたり
天衣の質感を表現できたりできるものだなぁ、と
改めて感じました。
仏師の勝ちですね。

展示は、奈良時代や
唐から来た仏像に始まり
ノミの目を残したまま完成品とされた鉈堀(なたぼり)
それに円空、木喰の作品と続いていました。

木喰の名と功績は、今回初めて知りました。
江戸時代に、ユーモアある仏像を彫る人がいたんですね。

個人的には、円空の
ザックリした仏像も好きです。
一本の木を分割して、何体かの仏像を作るという
独特の作り方には感心です。

あまりに、私の興味にドンピシャな展示だったもので
普段は買わないんですが
図録を買ってしまいました(笑)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年11月19日 (日)

ロジカルシンキングの実践には

仕事が忙しくなってきまして
なかなか、ここへの書き込みができなくなってきました。
今も、これを書いている場合でなかったりしますが......(苦笑)

この忙しさは、年内一杯、続きそうです。
もちろん、ヒマでは困るのですが
やたら忙しいというのも考えモノです。

もっとも、有能な方が取りまとめれば
さほど、大変でないはずなんですが
まだまだ、仕事力が足らない私は
実地に勉強させてもらっている状態です。

まぁ、文句も言えません。

『問題解決プロフェッショナル「思考と技術」』を読みました。
職場で営業部門の先輩が
良い本だと言って、貸してくれた本です。

ロジカルシンキングをベースとして書かれてあり
同時に、具体的な事例を挙げて
思考技術の使い方が学べました。

思考は積み上げて考えていくものですが
では、どのように?――という疑問への解は、また別に
必要となってきます。

こうした、「考え方のテンプレート」とでも言うのでしょうか
いわゆるツールを使うことで、常識を越えたり
隙間を突いたりできるようになりたいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月13日 (月)

『素敵な宇宙船地球号』で

今日の『素敵な宇宙船地球号』は
知床が世界自然遺産になってからの
1年間を追ったものでした。
そのタイトルも「知床一年目のタメ息」です。

知床を舞台に
人とクマとサケの関わりが描かれていました。

そもそも知床とは
北海道東部にある知床半島の先端部分が
世界自然遺産となっており
1500m級の山々が連なっていて、人が住みづらく
逆に言えば、自然が豊富な地域なのですね。

実際、世界遺産登録の際も
自然と人間の共存ということが
大きな評価につながったそうです。

それだけに
1.5Kmに1頭という、高い割合でクマが出没するそうです。

知床半島の羅臼町では
観光客が放置するゴミによって、味を覚えたクマが
民家近くへの出没、住民への被害が続いているといいます。

観光客が増えれば
それだけゴミも増える。
――もしかすると、どこの観光地でも
ごく当たり前に起こっていることかもしれませんが
二次的に、クマ被害に遭っているとすると、深刻です。

クマにとって
世界遺産登録は、文字通り美味しい機会を
増やしたのかもしれません。

一方、サケは
世界遺産登録の前から、受難に遭っていました。

サケが遡上するはずの知床にある44の川は
治水のため、幾重ものダムにより
その遡上を阻んできたのです。

これについては
国際機関であるIUCN(国際自然保護連合)から
サケの遡上を自由にするため
将来的にダムを撤去するよう要請が出ているようですが
ダムができるまで
地形的にも、雨による増水や鉄砲水などの被害が
相次いでいたというだけに
簡単に「はい、そうですか」というわけにはいきません。

この地域では折衷策として
ダムに魚道を設置する、という行動で
サケの遡上を具現化させています。

遡上の頃のサケは
クマにとって格好のえさです。
もちろん、時季に合わせてクマが出没することになります。

先ほどのクマとからめて
クマを人里から放すためには
より上流まで、サケを遡上させる必要があるとする考え方と
そのようなことをしたら
クマ出没の地域を広げるだけだ、とする考え方があるようです。

自然をどこまで守り
そして人間がどこまで自然を利用するか
――人と自然とは
トレードオフしなければいけないものなのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月12日 (日)

秋の庭

今日のさいたまは
昨日とうってかわって、良い天気でした。

選択の後、久々に布団を干しました。
少し強めの風で、危うく何度か
飛ばされそうになりましたけど......(笑)。

夕方から少々、庭いじりをしました。

いくつか目立った雑草を抜いて
特にプランターには
希釈した木酢液を、たっぷりまいておきました。

先日植えた、球根の中の
クロッカスでしょうか。
芽も、ずいぶん伸びてきました。
(やっぱり、プランターより地植の方が伸びますね)

今夏で終わった、と思っていたフェンネルも
根本から、新たな芽が伸びていましたし

クロッカスと同じタイミングで蒔いた
菜の花も、双葉が出てきていて
早いものは、本葉が出てきているものもありました。

植物の生長って、スゴイものだなぁ
――と思うのですが、
もっとスゴイと思ったのは
アサガオの双葉が2つ、出ていたことです!!

アサガオが、この時季ですよ!!
教科書的には、土の温度が25度にならないと
発芽しないはずなのに、驚きです。

これから冬に向けて、どうなってしまうのか
夏のアサガオ以上に
注意深く観察していこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月11日 (土)

昨日から今朝まで――のできごと

今週は、本当に忙しい1週間でした。

徹夜が2回、それ以外の日も
家に着いたら日付が変わっていたりと
睡眠時間も、相当少なかったのでは......と思います。

昨日は
ちょうど同じ時刻に引き上げようとしていた
同僚と、22時半くらいから
仕事場の近くで、飲み始めました。

そこは表通りから、一歩入ったところにある
小ぎれいな居酒屋で
遅い時間ということもあり
お客さんも、他にいなかったためか(失礼!!)
店長さんと、お店のことや料理のこと
そしてお酒のことなど
いろいろと会話ができました。

是非、普段使いにしたいお店です。
店長さん、日本酒の用意、お願いしますね。

その後は、銀座へ移動して
朝までカラオケでした。
(Mさん、お疲れ様でした)

ん~、慰労のつもりが
かえって疲れてたりして......。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 7日 (火)

あんまり寝てない理由は、

日曜の夜から、東京駅の近くで
深夜作業を4時半まで。

その後は、始発に乗って
会社で朝食を取ってから、3時間ほど仮眠。

9時前には起きて、メールチェックと
情報収集を行って外出。

11時半には別の場所で打合せ。
それが終わると別室でドキュメント作成。

19時過ぎに会社に戻り
上司と、意識合わせ&ドキュメントのレビュー。
それから23時過ぎまでその修正。

家に着くと、翌0時半。

――こうやって書くと、無味乾燥な
仕事漬けの日々のように見えてきますか(苦笑)。

確かに、それも一つの側面なんですが
無味乾燥な仕事なんて、ありませんよね。
現に、この環境だからこそ
得られるスキル、学べるノウハウがありますから。

日々戴いてる、上司からのオコトバも
もちろん、その一つです。

でも、眠い。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 5日 (日)

大阪から南行徳へ

一昨日の昼間の大阪から一転
昨日の夕方前くらいから
東京の東西線沿線、南行徳に行ってました

こちらにも、前の会社で同期だった
Oさんが住んでおり
開通したインターネットをつなぐと
PCが15分後に、勝手に再起動してしまうという連絡を受け
急遽、大阪から移動してきました。

私が看たときには、すでに
PC自体が
Cドライブにアクセスできない状態になっていたため
Oさんも、新たにPCを買う気になっており
近所のコジマ電気まで
購入を付き添いに行ったのでした。

それから朝まで飲むコースでして
今、ようやく家について
洗濯機を回しているところです。
(ついでに、『趣味の園芸』を見ているところです)

今週は、なんだかんだで
飲んでばっかり(仕事しろって感じですよね)の
1週間でした(苦笑)。

今、私が勤めている会社での
就業規則の運用について、彼に質問したところ
なかなか、おもしろい見解が返ってきました。

Oさん、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 4日 (土)

大阪に来ています

今週から、仕事が少し忙しくなり始めて
ここへ書き込みが
サボり気味になってしまってますが......。

それでも、この3連休は
全て休みで、今は大阪に来ています。

以前に勤めていた会社で、上司だったFさんと
3年ぶりくらいで会う目的で
昨日の昼過ぎ、大阪入りしました。

Fさんも、今では
別の会社に移っており
営業職、という意味では
変わりないのですが、IT系だそうで.....。
かつて、アナログだったFさんからは
想像できない転職ぶりに、驚きでした。

実際、飲み始めたのは18時過ぎからでしたけど
昔の話、今の話、仕事の話と
想像以上に話が止まらず
結局、解散が2時コース(苦笑)。

私も、いつも以上に
ビールに日本酒にと
豪快に飲ませていただきましたし
Fさんも、普段はあまり飲まないはずなのに
つきあっていただいて、ありがとうございます。
(大丈夫でしたか?)

せっかくきてくれたんだから、と
食事代、全て持っていただいて
Fさん、ごちそうさまでした。

東京に来られた際は、
是非、頼っていただきたいと思います。
(実際、東京まで出るのに時間はかかりますけど......)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 1日 (水)

どうやったら組織の戦略を作れるか??

先日の職場での課会にて
組織として、戦略的にならなければいけないと
痛感しまして
久々に、神田昌典氏 著の
『60分間・起業ダントツ化プロジェクト』を読みました。

一口に戦略が大事、とは誰しも思うものですが
本当に大事なことは、戦略の定義を
前もって、意識合わせしておくことです。

本の中で、戦略とは
順番であり、見えないものであり
予測力が必要なものであり
圧倒的な強さをもたらすもの
――ということとされています。

ん~、確かに。
見えないからこそ、見失いがちになるものですよね。

ここでの戦略は、顧客をつかむためのものですが
応用すれば、組織の構成員の心を掴むためにも
使えるのでは、と考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »