« ロジカルシンキングの実践には | トップページ | マグロは多少高くても、食べ続けたい!! »

2006年11月26日 (日)

『仏像 一木にこめられた祈り』を見てきました

東京国立博物館で開催中の
『仏像 一木にこめられた祈り』を
見てきました。

仏像を見に行くのは、もともと好きなので
大変興味深い内容でしたし
まだまだ知らない世界があるなぁ、と感じました。

一木で作る、と言っても
必ずしも、一本の木でできているわけでなく
主要な部分を一本で作られているものを
指しているのだそうです。
(こうした概念も、今日初めて知りましたしね)

それにしても、木を彫ることで
あんなに豊かな表情を持たせたり
天衣の質感を表現できたりできるものだなぁ、と
改めて感じました。
仏師の勝ちですね。

展示は、奈良時代や
唐から来た仏像に始まり
ノミの目を残したまま完成品とされた鉈堀(なたぼり)
それに円空、木喰の作品と続いていました。

木喰の名と功績は、今回初めて知りました。
江戸時代に、ユーモアある仏像を彫る人がいたんですね。

個人的には、円空の
ザックリした仏像も好きです。
一本の木を分割して、何体かの仏像を作るという
独特の作り方には感心です。

あまりに、私の興味にドンピシャな展示だったもので
普段は買わないんですが
図録を買ってしまいました(笑)。

|

« ロジカルシンキングの実践には | トップページ | マグロは多少高くても、食べ続けたい!! »

コメント

JAL乗務員の横暴

日本というと「イジメ」で有名な国だ。
日本人の「イジメ」には島国の根性がそのまま現れている。
日本人が一生にかけて読む本といえば、暴力的でレベルの低い漫画がほとんどで、
だから日本人のレベルがあれだけ低く、まともな人格が形成されていないのではな
いだろうか。
日本人のうち、宗教や哲学、瞑想にかかわる書物を1冊でも呼んで
見た人は一体どのくらいいるのだろう。
まともな人格を持つ人なら「イジメ」などはするはずがない。
「イジメ」は他人の人格を踏みにじり、人格を虐殺する行為である。
小学校の時からクラスメートをいじめることに喜びを感じている
日本人をどうして先進国民と呼べよう。
3才の時に身に付いた習慣は80才になっても変わらないという。
日本人は死ぬ時までイジメを楽しみながら一生を終えたいのか。
日本航空(JAL)の乗務員だちは、彼らが育ってきた環境がそうだから
「イジメ」が身についているのか。フライトの度に、乗客を一人
選んでその乗客が歩行機を降りるまでみんなでいじめている。
サービス業に携わっているにもかかわらず、JALの乗務員が働く目的は
「イジメ」を楽しむためである。
何の罪もない韓国人乗客をいじめると一日の疲れが取れるとでもいうのか。
JALの乗務員だちのあの面をみよ。
醜い心がそのまま反映している」のである。
1999.10 kim

投稿: JAL乗務員の横暴 | 2006年11月26日 (日) 20時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50722/4320329

この記事へのトラックバック一覧です: 『仏像 一木にこめられた祈り』を見てきました:

« ロジカルシンキングの実践には | トップページ | マグロは多少高くても、食べ続けたい!! »