« 総務省から「060」 | トップページ | ようこそ、クリスマスローズ »

2007年1月28日 (日)

「不都合な真実」を読みました

アメリカ 元副大統領の
アル・ゴア氏の『不都合な真実』を読みました。

第一印象は「わかりやすい」です。

ゴア氏自身が、半生を織り交ぜながら
地球の温暖化に対して、警鐘を鳴らしています。

文章での解説も豊富ですから
これまで、温暖化や気候変動について
言葉は知っていたけど
いまいち理解していなかったな......という方でも
よく分かる内容になっています。

ちょっと難しそう......と思う方でも
写真や図解が豊富ですから
そうした絵を見ているだけで
ゴア氏が、何を言わんとしているかが分かると思います。

特に、同じ場所を写した
過去と現在の写真による比較は
惻々と迫る恐怖を感じました。

ゴア氏は政治家であるというイメージでしたが
その活動の基軸には、環境問題があったのですね。
この本を通じて、今回初めて知ることができました。

同名の映画も制作されていますね。
すでに劇場で公開されているかと思います。
こちらも是非、見に行きたいですね。

公式HPがありました。
「不都合な真実」公式サイト
http://www.futsugou.jp/

「不都合な真実」ではなく
行動に移すことで「変えられる真実」としていきたいものです。

|

« 総務省から「060」 | トップページ | ようこそ、クリスマスローズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50722/5114046

この記事へのトラックバック一覧です: 「不都合な真実」を読みました:

» 地球温暖化 不都合な真実 [独り言日記]
地球温暖化は本当に深刻な問題です。先日、元アメリカ副大統領だったアル・ゴア氏が映画のプロモーションのために来日しました。その映画のタイトル「不都合な真実」。なぜ「不都合」かと言うと、地球温暖化の進行を阻止するために世界各国が努力しましょうというこ...... [続きを読む]

受信: 2007年2月 6日 (火) 21時09分

« 総務省から「060」 | トップページ | ようこそ、クリスマスローズ »