« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月25日 (日)

「クリスマスローズの世界展2007」へ行ってきました

池袋サンシャインシティで開催されている
「クリスマスローズの世界展」へ行ってきました。

今年で5回目だそうですが
クリスマスローズはおろか
園芸に対して、アンテナを張り始めたのは
つい先頃な私ですので、初めての見学です。

花の時期は、そろそろ終わるクリスマスローズですが
こうして一同に揃うと、賑やかな雰囲気で楽しめますね。

そもそもの原種と、その自生地域を説明した展示は
私のように、クリスマスローズ初心者にとって
勉強になります。

やはり、本などで知識を仕入れるのと
実際の花を目の前にするのとでは
頭の中への入り方が違います。

ただ、ちょっと残念なのは
もう少し、花の展示が欲しかったなぁと思います。
おとなしい、物静かな花ですから
絢爛豪華に飾り立てる必要はないのですけど......。

また、自生する姿を模して
鉢を床置きで展示してある箇所もありましたが
クリスマスローズは、下向きに咲く花。

どうせ展示なのですから
上の方に飾って、花を見やすくするような
展示の仕方だと、より嬉しかったですね。

そういえば、うちの実家にも
クリスマスローズの鉢が一つあるのですが
つい最近、シングルの白い花を付けたようです。

うちの3つの株は......
来年に期待しましょう(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「世界らん展日本大賞2007」へ行ってきました。。。

東京ドームで開催されている
「世界らん展日本大賞2007」を見に行ってきました。
毎年恒例のイベントのようですが
私が今回が、初見学となります。

いや~、やっぱりスゴイ人でしたね。
いや、予想以上かも。
それだけ注目されているイベントということ。
カメラ片手に、多くの方が
ランに見入っていましたよ。

もちろん、それだけ展示にも迫力がありました。

私の場合ランは、詳しくないのですが
それでも、ものすごい数のランが集まっているわけです。

個体の種類が、どうとか
希少だとかを通り越して
「ランって、こんなに種類があるんだぁ」
「すごく、いろんな色の花があるんだな~」とか
ものすごく幼稚ではありますが(苦笑)
ランに圧倒されて、感想が生まれてきました。

それに、東洋ランという種類もあるんですね
西洋ランがあるわけですから
当然といえば、当然なのですが
(恥ずかしながら)基本的も初めて知りました。

(また、勉強の取っ掛かりができました)

難しそう、という固定観念があって
ランは敬遠してたのですが......

習うより慣れろ
(これは、私の園芸に対するスタイルです)
ということで
ん~、そろそろランに
はまってしまうかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月18日 (日)

10個目が見つからない

昨夜は友人と、久々に飲み過ぎました。
新宿界隈で仕事の後、ゲーセンにて久々のメダルゲーム。
それから居酒屋へ直行しました。

でも友人は、そこで収まらずカラオケへ。
当然、電車のある時間に帰れるはずもなく
結局、友人宅に泊まることになりました。

さすがに今朝は、胃の調子が......(苦笑)
水分以外、受け付けてくれません。

お昼は、あっさりいきたいなぁ
と思っていたのですが
その友人の所望で、友人宅の近所にあるサイゼリヤにて
食事を取ることになりました。

胃が重い私は、コーンスープに
ほうれん草の温サラダとフォッカチオ。
腹六分、くらいのつもりです。

一方、友人の方は、なんと
ドリアにハンバーグステーキという
見ているこっちが、気分が悪くなるくらいの
ガッツリ系の注文です。

おかげで、こちらまで
腹一杯、食した気分になってしまいました(ゲップ)。

ふと気づくと、その友人
お子様向けのメニューを、しげしげと眺めています。

メニューの表紙と裏表紙とで
まちがい探しになっているんですね。

やりましたよ、まちがい探しを。
大の大人の男が、二人がかりで(苦笑)。

最初は、どうせ子供向けだろといった
一歩引いた視線で見ていたのですが
やってみると、10個あるはずのまちがいが
なかなか見つからないのです!!

結局、二人がかりで9個までしか
見つけることはできませんでした。
子供向け、おそるべしですね。

Webで調べてみると、やはり9個までは......
という方は結構いるようで
中には、子供向けとは思えないほど難しいとの評もありました。

乗りかかった以上、謎が全て解けるまで
サイゼリヤに通うしかないのかもしれませんね。
というか、もしかしてサイゼリヤの作戦に
見事はまってますか?

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年2月11日 (日)

菜の花、咲きました。

まさに春の陽気ですね。

私の住んでいる、今日のさいたま市は
少し風が強めですが、その分
雲一つ無い、青空が広がって
すがすがしい日和です。

庭の菜の花も、そろって花をつけ始めました。

先週の日曜には、花をつけているものは
一つだけだったのに

070204_1337001_1

(先週)

070211_1222001

(今週)

今日は満開、とは行かないまでも
だいぶ花が開き始めています。

この花を育てるのは、初めてだったのですが
手がかからないわりに、春の訪れという
季節の節目を感じることができる、すてきな黄色い花ですね。

うちの庭の中で
逆に、勢いが弱まってきたのは
レモンバームですね。

ひところと比べて、すっかり葉が落ち
寂しい姿になっています。

半日陰になる、庭の隅に植えた
同じシソ科のスペアミントも同様です。

恐らく休眠期なのだと思います。
本格的な春が来れば、きっと復活してくれることでしょう。

チューリップとヒヤシンスは
ようやく芽が出てきました。
花は、もう少し先でしょうねぇ。

クロッカスは、だいぶ前から
平べったい葉が伸びているのに
なかなか花のつぼみも見せてくれません。
こちらも花は、もう少し先でしょう。

季節と関係なく、生育が旺盛なのは
フェンネルとローズゼラニウムです。

特にローズゼラニウムは
乾燥気味の地に植えているのですが
冬は、休眠期ではなかったのですね。
徐々に増えてます。

そういえば、今日の「趣味の園芸」は
ランの仲間のデンドロビウムでした。

ランは、まだ育てたことはないのですが
思いの外、育てやすいようです。
(もちろん、種類にもよるのでしょうけど)

だいぶ、この番組に影響を受けている
私が、ランに手を染めるのも時間の問題では、と
自覚しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 5日 (月)

雪不足のまま?

暖冬は、今日から開催の
さっぽろ雪まつりにも
影響を与えているようです。

雪像を作る雪だけでなく、会場を敷き詰める
雪も不足していたため、山間部から相当量
運び込んでの作業となったようです。

温暖化、というだけで
すでに異常気象のように聞こえますが
実際には、温暖化が進行する過程で
近年増加傾向にある
大型の台風やハリケーン、竜巻
局地的な大洪水や、干ばつなど
地球規模で、気候の「ゆらぎ」が発生すると
『気候変動+2℃』では書かれています。

立春も過ぎたことですし
本来ならば、暖かさが待ち遠しい時季なのですが
これ以上暖かくなったら、どうするんだろうという
不安も大きい時期に、差し掛かってしまった気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »