« フラワーアレンジメント | トップページ | 黄色いスイセン »

2007年3月17日 (土)

海外での日本食認証制度

こんな制度を作ろうとしていたんですね。
ちょっと驚きです。

農水省が、海外向けに日本食の認証制度を設け
基準に則した店に対して
推奨マークを与える、というものです。

海外で「日本食」
あるいは「日本料理」と銘打つことに対する制度で
正しい日本の食を広げたいという、意図があるようです。

私は、海外に行ったことはありませんが
日本の文化が、必ずしも
正しく伝わっていないような気がするのは確かです。

しかし、それを制度で埋めようとするのは
いかがなものでしょうか。

今の日本では
様々な国の食文化が、輸入され
そして、定着しています。

中華、フレンチ、イタリアン、
韓国、インド、タイ、
――挙げれば、キリがありませんね。

こうして輸入された食に対して
逆に日本は、誤解がないと言えるのでしょうか。

輸入されたものを
日本流にアレンジを加え、定着させる。
そうして、できあがったものの
代名詞と呼べるものが
ラーメンであったり、カレーであったり
洋食であったりするのではないかと思います。

それ以外にも、食文化の交流を経て
結果、食卓にあがる料理や
家庭の定番となっている一品も多いのではないでしょうか。

なじみの一皿、なじみの外国料理屋が
ある時、海外の制度によって
その屋号や料理名を、名乗れないとしたら
私たちは、どう思うでしょう。

正しく日本食を伝えたい。
その思いは、大事だと思います。

その思いが叶ってか、現在では
多くの国で、日本食のレストランや
愛好家が増えています。

誤解も生じているとすれば
それもまた良し、ではないですか。

日本もそうしてきたように
誤解から生まれる文化もあります。

海外で、ある食文化がブーム
そのルーツは日本、で良いと思います。

より正しく、を望むのであれば
制度ではなく、草の根レベルの方が
本当の意味での文化交流になりませんか。

|

« フラワーアレンジメント | トップページ | 黄色いスイセン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50722/5719161

この記事へのトラックバック一覧です: 海外での日本食認証制度:

« フラワーアレンジメント | トップページ | 黄色いスイセン »