« ファシリテーション・スキル | トップページ | ネットワーク思考 »

2007年8月24日 (金)

ヒプノセラピー

あなたにもできる ヒプノセラピー』を読みました。

ヒプノセラピーとは、催眠療法を指しています。

催眠により、潜在意識を介して
描いているゴールへ近づこうという
アプローチのことですね。

なぜ、潜在意識が出てくるかというと
人間をコントロールしている、意識の割合が
顕在意識よりも、大きいからで
これに、効果的に働きかけをするのが
暗示による、催眠状態というわけです。

通常の学習や、目標達成の場面では
顕在意識による判断が、邪魔をして
なかなか、記憶に残らなかったり
ゴールにたどり着けなかったり
(スタートすらできないことも!!)
するものです。

良くも悪くも、顕在意識
フィルターが掛かってしまうからなんですね。

一方、潜在意識
自分で判断することが無く
過去全ての体験や、印象を
記憶してくれているそうですから
その出し入れの仕方さえ知れば
ゴールへ近づけるということ。

ただ難点は、あくまで潜在意識なので
学習中、暗示中に
「あ、今、潜在意識に入っているな......」とは
感じられない、ということでしょうか。
意識できないからこそ、潜在ですから。

しかしながら、これを味方に付けるのに
効率がよいといわれるやり方は
ある程度、一定しているようです。

まずはリラックス。
そして、効果的な暗示を投げかけることです。

|

« ファシリテーション・スキル | トップページ | ネットワーク思考 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50722/7658517

この記事へのトラックバック一覧です: ヒプノセラピー:

« ファシリテーション・スキル | トップページ | ネットワーク思考 »