« サギソウ | トップページ | SEが書く文章 »

2007年8月13日 (月)

趣味の園芸  花園を作った人たち

昨日は
『趣味の園芸40年スペシャル 北海道 花園を作った人たち』
の再放送を見ました。

北海道には、なぜ
花好きの人が多いんだろう
――という趣味の園芸キャスター
柳生真吾さんの問いかけから、番組が
スタートします。

実際の取材は5月だったようですが
映し出される風景が、どれも完璧で
花々と北の大地特有の、青く広い空とのコントラストは
今すぐにでも、北海道へ飛びたくなる衝動に駆られます。

もっとも、今すぐ飛んでも
すでに時季遅し......なのですが。

そういえば、先日
私が八ヶ岳倶楽部へ赴いた際
本放送を観た感想を
柳生真吾さんに伝えたところ
「いやぁ、時季がちょうど良かったんですよ」
と語ってくれていました。

風景もすごいのですが
それを作った人の志は、もっとすごいものです。

30年かけて、芝桜の名称を作る人だったり。

60代から庭作りを始めて
今では、北海道有数の
英国式ガーデンを披露している人だったり。

日本で、ラベンダー栽培の
先駆けとなった人だったり。

――と、それぞれの人にドラマがあり
それが、けれんみ無く
今の園芸に結びついていることは
本当に、素晴らしいと思いました。

特に、ラベンダーの下りは感動です。

次の再放送予定は、残念ながら分かりませんが
機会があれば、ぜひ観てほしい番組ですね。

そして、柳生真吾さんが結んでいたように
私たちは、ただ好きな花を
見に行けばよいのです。

創造者であるガーデナーは
それが次への糧となり
次の庭へ、そして私たちの喜びへ
つながるのですから。

|

« サギソウ | トップページ | SEが書く文章 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50722/7528007

この記事へのトラックバック一覧です: 趣味の園芸  花園を作った人たち:

« サギソウ | トップページ | SEが書く文章 »