« インカ・マヤ・アステカ展 | トップページ | 中秋の名月 »

2007年9月24日 (月)

党4役は、結構ですけど

もしや、と思ってましたが、ここまで露骨とは......。

『自民幹事長に伊吹氏、選対委員長に古賀氏 』 日本経済新聞

『古賀氏 “党四役”の選対委員長に』 産経新聞

『福田自民総裁:幹事長に伊吹氏起用 古賀氏は選対委員長に』 毎日新聞

新総裁が、各派閥から協力を得たわけですから
相応の人事になることは
当然、誰でも推察できたこと。

しかし、派閥のトップというトップを
要職に持ってくるあたり
「適材適所」という言葉だけでは
国民は、誰も納得しないでしょう。

福田新総裁が、こうした人事をせざるを得なかった。
――という考え方もあろうかと思いますが
本当にそうでしょうか。

今後、政権を運営するに当たって
この人事は、新総裁にとっては保険となり
派閥のトップたちにとっては
後がないものとなるかもしれません。

仮に、この人事で失敗しても
手堅い福田新総裁は、言い訳の布石を打てるわけです。

  派閥のトップが、これだけそろって
  ダメだったんだもの、仕方ないですよね......とか。

一方、派閥トップは自分たちが
要職に就くことで、得られるメリットは
もちろんあるでしょう。

しかし、仮に失敗したら次の人事で
自分の派閥から選出されることはなくなります。

道義的な責任というよりも
トップ以上の人材は
派閥の中には、いないはずだからです。

これが、民意を酌むための
必然であるというならば、それも良いでしょう。

国民に向けて、それを証明すれば
派閥政治への先祖返りとの批判も消えるはずです。

|

« インカ・マヤ・アステカ展 | トップページ | 中秋の名月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50722/8090172

この記事へのトラックバック一覧です: 党4役は、結構ですけど:

» 選挙対策委員長 古賀誠氏に注目【税金年金どうなる日本の政治】 [税金年金どうなる日本の政治]
自民党役員人事が発表された。大きく変わったところが、党三役→党四役になったところである。自民党 党四役幹事長 [続きを読む]

受信: 2007年9月25日 (火) 22時40分

» 適材適所 [看護師 白衣の天使]
「仕事ができる自分ってかっこいい」 「テキパキ動いて働いてるって感じだよね」 みたく思うと結構早く動けるようになります。 ただ、やる気がないようなのでUu やる気のないものを早くするのは難しいかと思います。 [続きを読む]

受信: 2007年10月 4日 (木) 22時57分

« インカ・マヤ・アステカ展 | トップページ | 中秋の名月 »