« サラリーマンNEO | トップページ | 台風9号 »

2007年9月 5日 (水)

仕事は楽しいかね?

『仕事は楽しいかね?』を読みました。

『仕事は楽しいかね?』
            デイル・ドーテン 著
            野津 智子 訳
            きこ書房

2001年に出版された本で
その後すぐに2作目
そして最近、3作目が出版されました。
(第2、第3作については、追々読もうと思います)

これも、小説仕立てとなっており
空港で待ちぼうけを食う
ビジネスパーソンの「私」を
発明家で起業家であり億万長者の
マックスが教授するという設定です。

目標設定、行動指針、アイデアといった
事について書かれていますが
既存の目標設定や、ビジョンといった
いわゆる、成功法則的な考え方を
マックスは踏襲することなく
ユニークな観点から、諭していきます、

「試してみることに、失敗はない」
「古いアイデアを新しい場所に置くと
 それは新しいアイデアになる」
「完璧は、ダメになる課程の第一段階」

『ザ・プロフィット』で言うところの
起業家利益モデルに相当するような言葉です。

アイデアは、はじめから完璧を求めず
まずは、実行してみる。

実行して、ダメだったら
そこで止めれば良いわけですし
良さそうであれば
そのまま走り続ければ良いわけです。

次第に、行動は精度を増し
完璧へ至るかもしれません。
しかし、完璧に満足した瞬間から
成長は止まってしまいます。

そうならないためには
完璧と思っても、まだ
ほかに試す余地があることを
認識しておく必要があるのですね。

当然、マックスに諭されている「私」も
読者である私も、常識とは
一線を画すマックスの考え方に
当惑する部分があることは、事実です。
しかし読み進むにつれ
それは、ゆっくりと氷解していきます。

既存の成功法則に触れて
なお、現状に不満があるならば
新たな価値観に触れてみるのも
悪いことではないと思います。

繰り返しになりますが
本書にも書かれているように
「試してみることに、失敗はない」のですから。

|

« サラリーマンNEO | トップページ | 台風9号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50722/7819421

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事は楽しいかね?:

» 非道徳マーケティング []
遂に公開! 5年前まで年収500万円だった平秀信がわずか2年で億万長者に成り上がった秘密…。 http://blog.livedoor.jp/mokuhyou4/ [続きを読む]

受信: 2007年9月 7日 (金) 15時44分

« サラリーマンNEO | トップページ | 台風9号 »