« これは政治的な火事場泥棒です | トップページ | さようなら、物乞い政治家の皆さん »

2007年9月15日 (土)

ヤマメからニジマスが産まれる

『ヤマメにニジマスの卵産ます、東京海洋大が成功』  日本経済新聞

ニジマスの精原細胞を
ヤマメの稚魚に移植すると
オスには、ニジマスの精子が
メスには、ニジマスの卵が
それぞれ作られるのだそうです。

ヤマメも、ニジマスも
サケ目サケ科で仲間同士。
それだけに、実現した部分もあるのでしょうか。

ちなみに、このヤマメ
サクラマスと
同じ種類の魚だということ
ご存じでしたか?

ヤマメの体長は30~40cm
サクラマスの体長は60~70cm
ヤマメは、サクラマスの
およそ半分の体長しかありません。
――ですが、同じ魚なんです。

もともと、渓流で生まれたヤマメが
一生、川で過ごすと
そのままヤマメで終わります。

ところが、海に出て生活する個体もいて
それがサクラマスと呼ばれるのですね。
海で回遊するから
体長も大きくなる、のでしょうか?

そして、サクラマスは産卵の季節になると
渓流に戻ってくるのです。

それでは、サクラマスの子供は
一体、なに......?

それは、さておき
冒頭のヤマメからニジマスですが
一つの研究としては
スゴイ成果だと思います。

言ってみれば
種を超えた、代理出産ですよ。
(ちょっと違うかもしれませんが)

|

« これは政治的な火事場泥棒です | トップページ | さようなら、物乞い政治家の皆さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50722/7945528

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマメからニジマスが産まれる:

« これは政治的な火事場泥棒です | トップページ | さようなら、物乞い政治家の皆さん »