« 安全を、信じるものは救われる......のか? | トップページ | ハンバーガーの秋 »

2007年10月 4日 (木)

真実が伝わらない教科書

沖縄県民の勢いに圧され
文科省は、沖縄戦の記述を
改める意向を、示唆しました。

これまでは、頑なに
集団自決について、軍による強制との見解を
否定する姿勢から、一転したわけです。

歴史認識を再検証し
その上での方針転換ならば
まだ、分かります。

しかし、根拠のないまま
教科書の記述を、情動的に方針を変えるというのは
いささか、納得できません。

何のための教科書検定なのか
その信頼性も問われます。

教科書検定の問題を
政治問題にすべきでないとの主張もあるようですが
手続きを踏まずとも、ひっくり返る見解の裏には
政治が糸を引いているとする憶測も成り立ちます。

あくまで、例えばですけど
国内の軍事力を、憲法を変えてでも
強化したい人種にとって
軍隊を否定的に記述する教科書は
大変、疎ましく感じるはずですから。

きちんとした手続きを経て
変えるべきは、変える。
それが正しい歴史認識に
つながるのではないでしょうか。

『【主張】教科書検定 政治介入排し事実正確に』 izaニュース

『社説:集団自決記述 「軍強制」復活ですむ話ではない』 毎日新聞

|

« 安全を、信じるものは救われる......のか? | トップページ | ハンバーガーの秋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50722/8230919

この記事へのトラックバック一覧です: 真実が伝わらない教科書:

» 「集団自決」が今世間の注目を集めています。なぜかというと・・・ [よし君のニュース日記]
今日注目されてるのは・・・「集団自決」。このニュースについて調べてみました。 沖縄最新<沖縄集団自決訴訟>「軍の命令あった」と生存者が証言太平洋戦争の沖縄戦で、住民に集団自決を命じたと大江健三郎さんの著書などに記された旧日本軍の戦隊長らが、大江さんと岩波書店に損害賠償などを求めた訴訟の出張尋問が10... [続きを読む]

受信: 2007年10月 4日 (木) 02時30分

« 安全を、信じるものは救われる......のか? | トップページ | ハンバーガーの秋 »