« 近所の温泉へ | トップページ | 社員と、仕組みと、ミッションと »

2007年11月 4日 (日)

次に、どう動くのか?が大切

与党にとっては、好機となるかも知れません。

参院選から今日まで
民主党に追い風を吹かせたのは
小沢代表の戦略によるものでしたから。

その戦略と論調により
前首相を辞任に追い詰め
(無論、それだけではなかったと思いますが)
レバレッジを効かせて民主党の存在感を見せた
その力量は、政治家ならずとも
ケーススタディとすべき事例でした。

その手前、なのでしょうか。
幾分、潔すぎる感のある今回の辞任表明は。

ただし、参院選での民主党のマニフェストを振り返ると
福祉など、国民の生活に視点を向けたものが中心でした。

いろいろと批判のある
大連立政権への傾きには
小沢代表なりに、そのマニフェストの実現を
見込んだものだったのでしょう。

民主党へは常に、政権を担うことへの疑問符が
矢面に立たされます。

こうした疑問を解消する近道は
まずは、政権を取ること――と考えた
小沢代表だったのかも知れません。

現実問題として、衆参両院がある以上
民主党の独断で
マニフェストを果たすことは難しいでしょう。

与党党首からの要請に応え
自らの駒を、次に進めると読んでいたのかも知れません。

あくまで、私見に過ぎませんが
無理が通れば道理が引っ込む、のか
小沢代表の意図は、党内に受け入れられず
結果的に、レバレッジは自民党へ傾いた構図は
外交に、国民生活に、どのような影響を残すのでしょうか。

個人的には、憲法改正論が
根無しの状態で
再燃しないことを願います。

|

« 近所の温泉へ | トップページ | 社員と、仕組みと、ミッションと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50722/8758717

この記事へのトラックバック一覧です: 次に、どう動くのか?が大切:

« 近所の温泉へ | トップページ | 社員と、仕組みと、ミッションと »