« 合併記念見沼公園へ散歩 | トップページ | ホタルから、省エネのヒントは得られるか? »

2007年12月24日 (月)

薬害肝炎は国を動かす。

一転、被害者のの全員一律救済を
議員立法によって解決を目指す方針を打ち出しました。
 
 
 
『薬害肝炎:議員立法で一律救済、野党にも協力要請 首相』 毎日新聞
 
 
 
『薬害肝炎で国は「道義的責任…」 福田首相』 izaニュース
 
 
 
肉体的にも、精神的にも
痛みを押して戦っている被害者を考えれば
最初から、その道を提示すれば良かったのではとの苛立ちも感じます。

当初の和解案を提示する課程には、党内だけでなく
官僚からの圧力もあったことは、容易に想像できます。

だからこそ、国の責任は曖昧なまま
限定的な救済策を掲げざるを得なかったのでは。

しかし、「せざるを得なかった」で
政治が片付けられるとしたら
政治家とは、何のためにいるのでしょうか。

首相が調整型なのは分かりますが
あまりに時間をかけすぎた感も、否めません。
 
 
 
『薬害肝炎「国の責任、法案明記を」原告、再発防止へ不可欠』 日本経済新聞
 
 
 
被害者らが、国が提示した先日の和解案を受け入れなかったのは
薬害肝炎の問題を、国の責任とする思想が
見受けられなかったからに他なりません。

それを改めて、議員立法として提示するからには
国の責任を謳わないわけにはいかないと思います。
 
 
 
『薬害肝炎:政府責任明記に否定的 「救済法案」で町村長官』 毎日新聞

 

被害者の方々は、本当の意味で感謝するクリスマスを過ごしているのでしょうか。

|

« 合併記念見沼公園へ散歩 | トップページ | ホタルから、省エネのヒントは得られるか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50722/9556989

この記事へのトラックバック一覧です: 薬害肝炎は国を動かす。:

« 合併記念見沼公園へ散歩 | トップページ | ホタルから、省エネのヒントは得られるか? »