« 屋敷林――素敵な宇宙船地球号 | トップページ | 薬害肝炎は国を動かす。 »

2007年12月24日 (月)

合併記念見沼公園へ散歩

3連休の最終日
さいたま市は、晴天に恵まれました。
風は強かったので、さすがに寒かったですけど。

午後は、割と最近に造られた
「合併記念見沼公園」まで足を伸ばして
散歩に出かけてみました。

「合併記念」とは
大宮市、浦和市、与野市、岩槻市が
合併して、今のさいたま市となっている所から
由来しているのでしょう。

同時に、この公園の整備は
市が掲げる「セントラルパーク基本構想」の
一貫でもあるようです。

現在、市の中心部を南北に平行して流れる
芝川と、見沼代用水西縁との一帯を
将来的には、50haもの公園・緑地帯への整備が計画されており
この公園は、その先行整備にあたるとか。

個人的に、そうした整備は大歓迎です。

広場あり、水辺あり、木々も植えられており
のんびりしたり、観察するにはもってこいというのが
私の、この公園に対する第一印象です。

特に、既成の公園とひと味違うなと思うのは
公園の半分近くを覆う、水辺(あるいは湿地)があることです。

逆の言い方をすれば
公園の中に、人が入れない場所が半分あるのですから
何とも、大胆な造り方。

Pa0_0000これを実現させるのは、行政としても
結構、勇気が要ったのではないかと
勝手に想像してしまいますが
そのおかげで、水面に群生する植物や
カモたちにとって、格好の住処になっているようです。

彼らの姿は、水辺に伸びたデッキの上から
観察できるようになっています。

今は冬ですから、植林された木々の多くは
落葉していましたけど
来春以降、どんな表情を見せてくれるのか楽しみです。

|

« 屋敷林――素敵な宇宙船地球号 | トップページ | 薬害肝炎は国を動かす。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50722/9552489

この記事へのトラックバック一覧です: 合併記念見沼公園へ散歩:

« 屋敷林――素敵な宇宙船地球号 | トップページ | 薬害肝炎は国を動かす。 »