« 鶴岡にて、仕事前夜 | トップページ | ICカードの相互利用 »

2007年12月22日 (土)

キャンドルナイトの冬至

うっかりしていましたが
今日は、冬至。

1年の中で、昼の時間が最も短い日です。

ゆず湯に入ったり
カボチャを食べる慣習が残っていたりしますよね。

この冬至に合わせて
こうしたイベントに参加してみるのは
いかがでしょうか??
 
 
 
『100万人のキャンドルナイト』
 
 
 
20時から22時までの間、日本で一斉に電気を消して
代わりにローソクを灯し
思いのまま、過ごそうというイベント。

電気を消して過ごすのは
何やら不便に思うかもしれませんが
意外にも、ゆとりを感じることができます。

アメリカのブッシュ大統領が
原子力発電所を、1ヶ月に1基ずつ建設するという政策に
反対の意を表した、カナダの自主停電運動がヒントになっているそうです。

文明の利器は、私たちの生活を豊かに
また、煌びやかに見せてくれますが
同時に、そこに潜むリスクを見えなくするものでもあります。

原発だけでなく、温暖化も然りですね。

ローソクの明かりから得られるゆとりで
過剰な便利さに固執する感覚を
半ば強制的にリセットする時間を持つことは
私個人として、現代人には必要なのではないかと思っています。

夏至と冬至という、地球共通のイベントに合わせて
実施されているのは、日本だけでなく
いずれ、世界にも広がればという想いからだとか。

今回は、ゆっくりと本を読もうと考えています。

|

« 鶴岡にて、仕事前夜 | トップページ | ICカードの相互利用 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50722/9522354

この記事へのトラックバック一覧です: キャンドルナイトの冬至:

« 鶴岡にて、仕事前夜 | トップページ | ICカードの相互利用 »