« まだ…… | トップページ | 真冬の蒸し風呂 »

2008年1月22日 (火)

利益に必要なのは営業か

共感できる方も多いのでは、と思います。
 
 
 
『結局、営業に頼ってしまう 御社が伸びない本当の理由』
                            浜口直太
                            澤田且成 共著
 
 
 
継続的に売上を伸ばすことが
企業の目的ですが
その如何を、営業力とすり替えてしまうのは
なまじを営業経験のある
管理職がやってしまう、落とし穴ではないでしょうか?

売るためには、勢いや根性論ではなく
どのように、誰に売るかという
全体設計がなければ、掛け声だけに終わります。

本書の著書は、その設計部分に
ブランドを必要としています。

逆の言い方をすれば、本書は
ブランド構築の指南書でもあるわけです。

消費者が、競合他社の商品と比較して
選び、買う理由がブランドそのもの。

でも意外に、地道な手法が嫌いだったりするんですよね
狩猟型の営業畑で育った方って......。

そんな、ブランド軽視の上司を
説得する手がかりも与えてくれるのは
やっぱり、多いんでしょうねぇ。

順調にブランド戦略を進めている
企業や事業にとっては
フィードバックの良い教材となると思いますよ。

|

« まだ…… | トップページ | 真冬の蒸し風呂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50722/10007400

この記事へのトラックバック一覧です: 利益に必要なのは営業か:

« まだ…… | トップページ | 真冬の蒸し風呂 »