« まずは仕組みを理解しないと――排出権取引 | トップページ | ウメの季節、始まる!! »

2008年1月26日 (土)

ダボス会議での布石

意外にも、世界からは
温暖化対策に乗り気でない国と認識されている日本。

その国が今年、洞爺湖サミットなどを通じ
リーダーシップを発揮しなければなりません。

こうした面からも、ダボス会議で
布石を打っておくことは必須条件でした。
もちろん、世界から見ても......です。

 
 
 
『ダボス会議:福田首相「温室効果ガス削減で国別目標を」』 毎日新聞
 
 
 
『ダボス会議 福田首相講演要旨』 izaニュース
 
 
 
『温暖化ガス削減で国別総量目標を提案、ダボス会議で首相』 日本経済新聞
   

 
厳しい見方をすれば、キリがないかもしれませんが
この件に関しては、国民としても
責任を持って取り組みましょうよ。

|

« まずは仕組みを理解しないと――排出権取引 | トップページ | ウメの季節、始まる!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50722/10090085

この記事へのトラックバック一覧です: ダボス会議での布石:

» なぜ、たったの千円なのか? [日本を救う方法,ダボス会議での布石]
たしかに、たいていの経済誌には、自民党のリーダーシップが 時代の変化に対応していないと書いてある。 それが、投資家に不信感を持たせ、株離れを起こす。 しかし、なぜ、リーダーシップを発揮しないかに ついては、ほとんど書かれていない。 そこには、...... [続きを読む]

受信: 2008年1月27日 (日) 01時20分

« まずは仕組みを理解しないと――排出権取引 | トップページ | ウメの季節、始まる!! »