« 決算書のつながり | トップページ | ローズゼラニウムとチューリップ »

2008年1月 5日 (土)

園芸初心者は、ぜひ一読

NHK「趣味の園芸」キャスターでもある
柳生真吾さんの最新刊、読みました。
 
 
 
『柳生真吾のガーデニングはじめの一歩』
                  柳生真吾 著
 
 
 
柳生真吾さんの著作を読んで、いつも感じるのは
初心者の気持ちを理解しているなぁという点。

初心者が陥りやすい
園芸が三日坊主になってしまったり
植物を枯らしてしまう原因が、どこにあるか
分かりやすい口調で、書かれています。

今回、勉強になったのは土作りの節です。

基本となるのは赤玉土と腐葉土
(これを本書の中では「真吾ブレンド」と命名しています)
――ということは知りつつも
これ以外の土は、どんなときに使うのか
これまで、いまいち腑に落ちてなかったんですね。

「真吾ブレンド」を基本用土にして
ピートモス、パーライト、軽石を
料理のスパイスとして、必要に応じて
ブレンドするという発想には、ピタッと来ました。

冬ですが、庭に仲間を増やしたくなってきましたよ。

|

« 決算書のつながり | トップページ | ローズゼラニウムとチューリップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50722/9733527

この記事へのトラックバック一覧です: 園芸初心者は、ぜひ一読:

« 決算書のつながり | トップページ | ローズゼラニウムとチューリップ »