« 今日は、春二番!? | トップページ | 全信金システムの障害は »

2008年2月25日 (月)

酸っぱいブドウは......?

技術屋なので
(ここには、あまり技術的な話は書きませんが)
たまには、こんな話題を。
 
 
 
『【MacBook Air分解その5】「外は無駄なし,中身は無駄だらけ」』 Tech-On!ニュース
 
 
 
全5回の連載記事の最終回。

日本の技術者らが、企画として
先に発売された「MacBook Air」を解体したわけです。

その中では、コストがかかる作りになっているだけでなく
設計上、考えられない構成になっているなど
「MacBook Air」に対する苦言を呈しています。

「学ぶところは無い」と。

そして、その結論を基に書かれたのが以下の記事です。
 
 
 
『日本の技術者チームが『MacBook Air』を語る「中身は無駄だらけ」』 WIRED NEWS
 
 
 
こちらは、世界最薄のノートPCをして
設計上の批判を浴びせる日本の技術者に対する
外国人記者の苦言。

日本の技術者が語った
「技術的にすごいと感じるところは1つもない。われわれならもっと安く作れる」
というコメントをあえて、そのまま引用し
外国人記者は、このように続けます。

「あからさまに嫉妬にとらわれて不平を言う技術者ほど笑えるものはない」
この外国人記者は挑発しているわけです。

消費者にとって、低価格で高性能なPCが
手に入るのはありがたいことですが
日本における、常識的な設計をしたところで
それが売れるPCとなるかは、別問題。

安いPCだから売れる......ワケではないですよね。

「MacBook Air」には
ハードウェア設計としての技術力に
問題はあるかもしれません。

しかしAppleとしては恐らく、最薄PCとしての
デファクト、ないしは話題性を集め
携帯性から発展する、消費者のライフスタイルへの志向を
下支えする目的で投入した商品ではないかと思うのです。

技術も大事ですが、マーケティングも大事という話でした。

|

« 今日は、春二番!? | トップページ | 全信金システムの障害は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50722/10760181

この記事へのトラックバック一覧です: 酸っぱいブドウは......?:

« 今日は、春二番!? | トップページ | 全信金システムの障害は »