« 酸っぱいブドウは......? | トップページ | 黄砂の飛来情報がリアルタイムで分かる »

2008年2月26日 (火)

全信金システムの障害は

昨日の朝から、今日未明にかけて
全国信金のデータ通信システムが止まっていたニュースです。

 

『信金中央金庫でシステム障害、74万件の為替取引を処理できず』 ITpro



『信金のシステム障害、徹底的な原因究明を指示=渡辺担当相』 Reuters



『【続々報】東証の新派生売買システムが復旧、原因はメモリーの初期化エラー』 ITpro



『全信金システム障害:原因究明これから 消えぬ不安』 毎日新聞



私自身、ITインフラを担う仕事をしているだけに
こうした障害には、思わず反応してしまいます。

特に、金融の通信ネットワークを止めてしまうと
各所の報道で明らかになっているように
(特に、今回は信金というだけあって)
中小企業の不渡りや、給与振り込みの不能といった形で
私たちの身近な経済活動へ、大きな影響が及びます。

もちろん銀行、信金を含めた金融システムは
障害に備えて冗長構成が取られているはずですが
ソフトウェアの不具合が、今回の障害につながっていたため
切り替わった冗長先でも同様の障害が発生したとか。

一歩間違えれば、不況の引き金になりかねない事態。
復旧して、大きな影響が出なかったのは何よりでした。

金融監督庁から、厳しいお達しはあるかと思いますが......。

|

« 酸っぱいブドウは......? | トップページ | 黄砂の飛来情報がリアルタイムで分かる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50722/10780688

この記事へのトラックバック一覧です: 全信金システムの障害は:

« 酸っぱいブドウは......? | トップページ | 黄砂の飛来情報がリアルタイムで分かる »