« イノベーションは、何のために? | トップページ | あなたのタイプは? »

2008年2月13日 (水)

「人体」が通信メディアに

ちょっと、IT系の話題を。

 
 
『「人体通信」実用化へ ドアノブ触ればカギがオープン』 izaニュース
 
 
 
人体通信とは
「人体表面電界通信システム」のことで
人の体の表面(皮膚など)に電気信号を流し
データ通信が可能になるものです。

この記事によると、入退館システムへの
導入が見込まれているとか。

入退館が制限されている場所では
必要なID(セキュリティ)カードをかざすことで
その管理、制限をかけていますね。

でも、カード自体は紛失してしまう危険性もあるわけで......。
(私は、無くしたことなんてありませんよ、もちろん)

このシステムが実現すると
可用性も高まりますし
上記したように、物理的なカードが持つ
潜在的なリスクも解消できますね。

そのうち、データセンタの入退館に
取り入れられたりするのでしょうか??

|

« イノベーションは、何のために? | トップページ | あなたのタイプは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50722/10489936

この記事へのトラックバック一覧です: 「人体」が通信メディアに:

« イノベーションは、何のために? | トップページ | あなたのタイプは? »