« 高くても買ってしまう、ワケ | トップページ | 本を読む理由 »

2008年2月 1日 (金)

ギョーザ事件の観点

まずは製造の、どの過程で混入したものなのか
本当に残留農薬なのかということを
はっきりさせなければなりません。

 

『中国製ギョーザ:基準百倍以上の高濃度メタミドホス 千葉』 毎日新聞

 

『メーカーや輸入業者、食の安心確保に走る・ギョーザ被害で』 日本経済新聞

 

『中国製ギョーザで消費者の冷食、中国製品離れ拡大』 izaニュース

 

これまで事故が起こってこなかったように
「中国製」という括りだけで
全く関係のない商品まで断罪してしまうのは
早計ではないかと思います。

しかし、実際に事故が起こってしまうと
理屈抜きで、情動が先走るのも無理はありません。

日本メーカーの管理責任は
どこまであったのか。

中国での生産体制に問題はなかったのか。

これまでと異なる原材料を使用した経緯はなかったか。

売り場からの自主回収以外は
具体的な情報が上がってこないのも
消費者を苛立たせる要因の一つかもしれません。

それにしても、中国製商品を売り場から撤去すると
棚がガラガラになるとは......。

今回は、日本の食料・消費構造の異常さを
露呈してはいないでしょうか。

|

« 高くても買ってしまう、ワケ | トップページ | 本を読む理由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50722/10198622

この記事へのトラックバック一覧です: ギョーザ事件の観点:

« 高くても買ってしまう、ワケ | トップページ | 本を読む理由 »