« ギョーザ事件の観点 | トップページ | 大型買収は成立するのか? »

2008年2月 2日 (土)

本を読む理由

Amazonから、注文した本が届きました。

080202_180602 全部で14冊。

一時は園芸書、またある時は会計本と
そのときの興味や、テーマに合わせて
注文する本の趣向も変わります。

最近は、マネジメントや組織作りを
テーマとする本が軸足でしょうか。

恥ずかしながら、勤めている会社が
組織として、かなり未熟――というのが理由です。

目先を追うばかり、戦術に走りすぎ
戦略を描けてないのですね。
当然、組織作りも後回し。

先日も、合法的に
未熟な組織の実態と、相応の処方箋を
直属の上司に与えたつもりでしたが
とりあえず聞いておきました、と言わんばかりの対応。

とはいえ、こんな問題でもないと
マネジメントや、組織のあり方なんて
ちゃんと勉強する機会を設けない
......そう切り替えれば、会社の問題は
私にとっての課題でもあることが分かります。

だから良い機会。

読書後の感想は、追って書くことにします。

|

« ギョーザ事件の観点 | トップページ | 大型買収は成立するのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50722/10213959

この記事へのトラックバック一覧です: 本を読む理由:

« ギョーザ事件の観点 | トップページ | 大型買収は成立するのか? »