« 本家のスタバに逆風!! | トップページ | クロッカスと梅 »

2008年2月28日 (木)

惑星Xは実在するか

冥王星に代わる、太陽系の第9惑星が
発見されるかもしれませんよ。
 
 
 
『太陽系「第9惑星」存在説 天体のゆらぎ、緻密に計算』 izaニュース
 
 
 
『未知の惑星:太陽系の果てに存在の可能性 理論的に予測』 毎日新聞
 
 
 
『太陽系に「惑星X」の可能性 神戸大など計算』 朝日新聞
 
 
 
神戸大の向井正教授(地球惑星科学)の研究チームから
理論上、太陽系に新たな惑星があるはずと発表がありました。

実在すれば、約1000年かけて太陽の周りを公転しているとか。

なんだか、宇宙の果てしなさを感じるばかりで
その距離感とか、単位とか、どのような理論を経て
今回の結論に至ったのか
残念なことに(学がありませんので)分かりません。

しかし、この理論が正しければ
今後10年以内に発見される可能性があるということなので
ちょっと楽しみですね。

|

« 本家のスタバに逆風!! | トップページ | クロッカスと梅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50722/10821921

この記事へのトラックバック一覧です: 惑星Xは実在するか:

« 本家のスタバに逆風!! | トップページ | クロッカスと梅 »