« 赤坂で見たロケは? | トップページ | ツクシが出てきた!! »

2008年3月15日 (土)

『魔法にかけられて』観てきました

浦和駅前のユナイテッドシネマで
ウォルト・ディズニー最新作
『魔法にかけられて』を観てきました。

かなり前から、ディズニー・チャンネルでは
この映画の告知CMが流れていて
どんなストーリーなのか
ぜひ観てみたいと思っていたのでした。

物語の世界に、森の動物たちと住むジゼルは
エドワード王子との結婚式の日
悪い魔女の企みから、現代のニューヨークにたどり着いてしまいます

ファンタジーのみでは生きられない現実の世界では
優しい言葉をかける人もなく
素晴らしいドレスも、コスプレ扱い。

ミュージカル仕立てに歌い出すこともままならない
ジゼルの振る舞いは
かつて観た、おとぎ話のパロディにも映ります。

その姿に、現実の厳しさを諭すのが
ジゼルを助けた弁護士のロバート。

しかし「夢」を信じて疑わないジゼルの姿に
ロバートの方が、次第に心を動かされていくのです。

ほかにもエドワード王子や魔女も
現代のニューヨークにやってきてしまうのですが
魔女はともかく、このほかの登場人物達は紆余曲折を経て
最終的に一段成長して、物語が終わります。
(キャラクターズアークですね)

それを踏まえると、実は
魔女の存在すら必要悪と感じてしまいます。

既存のファンタジーを作り上げてきた
ディズニーだからこそ
それをパロディにしても、嫌みがありません。

本当に魔法にかけられたのは、誰だったのか
観てみてはいかがでしょうか。

|

« 赤坂で見たロケは? | トップページ | ツクシが出てきた!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50722/11379724

この記事へのトラックバック一覧です: 『魔法にかけられて』観てきました:

« 赤坂で見たロケは? | トップページ | ツクシが出てきた!! »