« 東証が、また障害? | トップページ | トレンドマイクロのWebコンテンツが改ざんされて »

2008年3月11日 (火)

障害の原因と対応――東証

昨日、東証にて特定2銘柄が取引不能になる
システム障害が発生しましたが
その裏で、もう一つのシステム障害が発生していたのは
意外に知られていないのではないでしょうか??
 
 
 
『東穀取でシステム障害、コーヒーや砂糖が午前の取引できず』 ITpro
 
 
 
そもそも、東穀取って......?
という方がほとんどかと思いますが
正式には、東京穀物商品取引所のこと。

もっとも、東証と東穀では
そもそもの取引高が違いますので
障害となった時の経済的なインパクトが異なります。

報道から省かれるのは、無理もない......のでしょうか。

一方の東証の障害は切り分け後、原因が判明。
今朝の取引開始までに対応が完了したそうです。
 
 
 
『【続報】東証が緊急会見、システム障害の引き金はデータベースのデッドロック』 ITpro
 
 
 
『【続報】東証が株式売買システムの修正を完了、リトライ回数の上限を撤廃』 ITpro
 
 
 
取引が集中した際、発注のデータベースへの過負荷を避けるため
一時的にそのアクセスを止めるのがデッドロック。

もちろん、そのままでは取引ができなくなるため
リトライ(再送要求)をさせるロジックを採用していたそうです。

しかしながら、このリトライが
正常処理されず、上限を超えて繰り返されたため
今回の障害に至ったということが分かっています。

この対策として、リトライ回数の上限を撤廃により
システムの修正を図ったとか。

当然、昨日から今朝にかけて
修正パッチをあて、一通りのシステム試験を実施したのでしょう。
(関係者の皆さん、徹夜ご苦労様でした)

先月の障害とは、別次元の障害ではありますが
こちらのシステム設計を担当しているのも富士通さん。

そこはかとなく、まだ洗い出されていない
不安が残されているような気がするのは、私だけでしょうか?

|

« 東証が、また障害? | トップページ | トレンドマイクロのWebコンテンツが改ざんされて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50722/11182435

この記事へのトラックバック一覧です: 障害の原因と対応――東証:

« 東証が、また障害? | トップページ | トレンドマイクロのWebコンテンツが改ざんされて »