« スルガ銀行がIBMを提訴すると...... | トップページ | エコな取り組みに必要な心構え――宇宙船地球号より »

2008年3月 9日 (日)

佼成ウインドのファン感謝デー

今日は東京佼成ウインドオーケストラの
ファン感謝デーということで、方南町の普門館まで
演奏を聴きに行ってきました。

楽団のファンクラブのための
サービス演奏会という位置づけでしたが
アンコールを含めて、全15曲。

普段の定期演奏会以上の楽曲ボリュームでしたよ。

楽団としても、これだけの楽曲を準備するのは
かなり大変だと思うのですけれど
......かなり、ド短期で仕上げたとか。

特に第2部、第3部は
過去の吹奏楽コンクールの課題曲から
ファン投票の上位10曲を選出したプログラムで
当然、それなり(以上)の難易度も
短期の中で奏でていると思うと
さすがは佼成ウインドと、改めて
クオリティの厚みを感じるのでした。

純粋に、楽曲を聞き入ることができるのが
佼成ウインドの良さですねぇ。

個人的に良かったと思うのは
私がクラリネット吹きだったこともあって
楽団の関口仁さんがソロを担当された
第1部の『クラリネットと吹奏楽のための協奏曲』。

ただし、小編成だったため
5000席ある普門館では広すぎて
音が散ってしまうような印象を受けましたが......。
(普門館、恐るべし!!)

それでも、クラリネットの音のふくらみというか
音色の醍醐味を、他の楽器との掛け合いながら
楽しませてくれました。

指揮を勤めたのは、小林恵子さん。

純粋に楽団で育っただけあって
その親和性は、バッチリでした。

皆さん、お疲れ様でした。

次の定期演奏会は、しばらく開いて10月。
ん~......いい演奏を聴けるのも、かなり先になりますねぇ。

残念ですが、待ちますか。

|

« スルガ銀行がIBMを提訴すると...... | トップページ | エコな取り組みに必要な心構え――宇宙船地球号より »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50722/11126148

この記事へのトラックバック一覧です: 佼成ウインドのファン感謝デー:

« スルガ銀行がIBMを提訴すると...... | トップページ | エコな取り組みに必要な心構え――宇宙船地球号より »