« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月27日 (日)

羊山公園でシバザクラ

ゴールデンウィークに入り
11連休......という方もいらっしゃるようですが
私の場合、さすがにそこまでありませんが。

今日は、埼玉県秩父市にある
羊山公園に行ってきました。

この時季の羊山公園は、シバザクラで有名です。

080427_124801
ホントに素晴らしかったですよ~。

行きがけの車の中、ラジオで聞いた話だと
40万株も植えてあるのだとか。

シバザクラの一株
そして、一つ一つの花は小さいというのに
密に敷き詰めると
まるで、じゅうたんのように見えるのです。

ここまで仕立てるのに
どれだけ年数をかけたのでしょうか。

この地域の方々の努力のたまものだからこそ
壮大な美しさに感動できるのだと思います。

行って良かった!!080427_125101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月24日 (木)

輸入食品とリスク

ここまで、輸入品に対してセンシティブになるのは
食糧自給率の低さに起因していると思います。
 
 
 
『米国産牛肉:背骨混入 吉野家が発見も牛丼販売は継続』 毎日新聞
 
 
 
『吉野家株、年初来安値更新 危険部位の牛肉判明で』 izaニュース
 
 
 
『ホットストック:吉野家HD<9861.T>が下落、米輸入牛肉にBSE危険部位』 Reuters
 
 
 
『輸入の米産牛にBSE危険部位・再開後初、吉野家向け』 日本経済新聞
 
 
 
『吉野家株、終値は5000円安』 朝日新聞
 
 
 
未だ明確な原因が特定できていないギョーザにしても
今回の危険部位の混入にしても
本来、消費者の立場からすれば
リスクがある商品を消費しなければ良いだけの話です。

とはいえ、食糧自給率が40%となり
コンビニ弁当など、加工食品の多くが
輸入品でまかなわれている現状を考えると
そう簡単な話ではないかもしれません。

しかしながら、そのリスク管理の一端を輸出国に委ね
その品質を輸入に際して管理・監督するコストは
当然、消費者へ上乗せされます。

さらに、バイオ燃料として
トウモロコシが注目されだしたことから
その価格が高騰。

これに乗じて、北米から南米にかけての大規模農家は
他の穀物からトウモロコシへと転作を計ったため
穀物全体の国際価格が高止まりし
途上国が悲鳴を上げていることは
多くの方がご存じだと思います。

もちろん、悲鳴を上げたいのは
日本の消費者も同様かと。

この現状を踏まえると、値上がりと
安全性のリスクを内包する輸入食品を選び続けることは
必ずしも賢明な選択ではない......と私は判断するのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月23日 (水)

温暖化を地球工学の見地から解決するには......??

温暖化の抑止に有効打はないか
国レベルで苦慮しているところであることは
ご存知の通りだと思います。

そんな中、どこまで真剣に考えられたものなのか
温暖化対策へのトンデモアイデアが紹介されていました。



『「地球温暖化に抗する」クレージーな地球工学的計画ベスト10:画像ギャラリー』 WIRED VISION



このベスト10は、地球工学の見地から
科学者らが提示したプランからの選出されたものだとか。

「人工的に赤潮を発生させて
プランクトンにCO2を吸収させる」

「人工的に大規模火山を噴火させ太陽光を遮る」

――など、科学者でなくとも
その効果を疑わざるを得ないアイデアには
懸念を通り越して、大爆笑を誘われてしまいます。

地球工学というわりに
地球環境をシステムとして捉えられていないのですから
もはや、コント領域です。

それにしても、実現性はともかく
このダイナミックなアイデア。

広げるなら、大風呂敷......ではないですが
小さくまとまらない発想力は見習いたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月10日 (木)

中国と五輪とチベットと

冷戦下でも、ここまでの騒動は
起こらなかったのではないかと思いますが。
 
 
 
『「この嘘つきめ」と中国人ら サンフランシスコ聖火リレー』 izaニュース



『チベット暴動:米大統領、中国にダライ・ラマとの対話促す』 毎日新聞



『聖火リレー:人権意識高く中国系も多く シスコ当局苦慮』 毎日新聞



『ダライ・ラマが北京五輪支持を表明、チベット問題では中国政府を批判』 Reuters



『中国:北京五輪でテロ計画…2グループ摘発、45人拘束』 毎日新聞



『オバマ氏も「五輪開会式は欠席を」 米大統領に提唱』 朝日新聞



『長野でもルート変更の可能性 JOC会長』 izaニュース



『北京五輪:EU首脳、開会式欠席も…欧州議会が非難決議』 毎日新聞



チベット騒乱が起こって、そろそろ1ヶ月。

中国政府(中国共産党)は、国際社会に真相を隠し
あくまで国内の問題として
チベットの主張を鵜呑みにしないばかりか
関与もしないよう強要し続けた1ヶ月でした。

首謀者はダライ・ラマ14世と
名指しで批判しながらも
共産党の要人が誰一人、対話をしようとしません。

怒りの矛先を向けたまま
対話するのを恐れているのではないかと思うくらいです。

一国の体面が保たれるのも大事かもしれませんけれど
オリンピックが無事に開催されることも大事ですし
それ以前に、一部の民族が
大国に虐げられることのない世界を築いていくことが大切ではないでしょうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年4月 8日 (火)

マネジャーの役割とは

関東地方は、夕方頃まで
ものすごい暴風雨でした。

特に首都圏では、電車の遅延・運休などが
相次いでいたようですが
皆さん、影響ありませんでしたか?

私は、突風で
傘が壊された一人です(ヤレヤレ)。

かなり後半からですが、久々に
NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』を観ました。

今日の放送は、ハイパーレスキューの部隊長の
マネジメント手法に焦点が当てられていました。

ハイパーレスキューとは
通常の消防では困難な状況に駆けつけ
チームワークをもって
災害現場での救出活動などを行う部隊のことです。

私たち会社員にも、当然
チームないしは組織があって
ミッション達成するために
マネジャーが、チームを指揮します。

――と、頭で分かっているものの
現実、これがうまく回っていないことが多くありませんか?

例えば、マネジャーが指揮と脅迫を取り違えていたり
指揮は執るけど、責任は取りません......だったり
プレイングマネジャーを強要されているばかりに
部下のことが見えていなかったり。

これは恐らく、組織やチームのビジョンが
明確になっていないからではないでしょうか。

番組の中の部隊長は
適切なレベルに引き上げるために
チームに課題を与え、自ら考えさせていました。

もどかしい......と思いながらも
部下のモチベーション管理に注力し
それが自分の役割と認識する姿は
素晴らしいと言うほかありません。

当たり前のことを、当たり前に行うことが
プロフェッショナルの証なのかもしれませんね。

見習わなければ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年4月 6日 (日)

サラリーマンNEOが!!

つい、さっき知りましたが
NHK『サラリーマンNEO シーズン3』
今日、(もうすぐ!!)23時から始まるのですね。

ひと頃のNHKでは御法度(?)だった
サラリーマン向けバラエティ番組。

そのネタの多くは
サラリーマンの日常をディフォルメしたコント番組。

中には、NHKに実在するような番組を
そのままコメディにしたようなものもあり
若手が、ガンガン前に出て
大爆笑を誘う最近のバラエティ番組と違って
ニヤッと、含み笑いをしてしまう
絶妙な間合いが好きなんですよねぇ。

さて、セクスィー部長は
どのような進化を遂げているのでしょうか??

楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名残のサクラ

名残のサクラ
午後から買い物がてら、散歩中の一枚です。

引いて撮ると、それほどでもないですが
実際は、かなり花が散っている状態。

風に合わせて、文字通り
花吹雪が舞ってながら
地面に落ちた花びらは、まるで川のように
サラサラと音を立てて流れていきます。

これにて、首都圏のソメイヨシノは
見納めとなりますが
皆さんは、花見に出かけられましたか?

――まだ見てないという方。
大丈夫です。

東北地方は、あと少しで
ソメイヨシノが咲き揃います。

それに、遠出しなくても
これからが見所となる桜は
ソメイヨシノのほかにもあるものです。

例えば、八重桜とか。

少し大きな公園に出かけて
いつもと違う桜を眺めるのも
悪くないですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チューリップの季節

さいたま市は、昨日に続き
素晴らしい陽気です。

午前中から、庭でチューリップの撮影会です。080406_092901


大した世話もしていないのに
毎年のように良く咲かせてくれます。

さすがに、今年は
このチューリップが終わったら
土の入れ替えをしようかと思っていますが。

ゴールデンウィーク辺りになりますかね。

080406_104602
何の花か分かりますか?
――答えは、もちろんチューリップです。
よく知っているはずのチューリップも
ここまでアップで撮ると、普段とは違う一面が見えてきます。

ツクシも大量です。
そろそろ時季も終わりなので
一つ食してみようかな......と。080406_105101

これも雑草の呼び声高い、スギナが
繁殖してないと育ってくれません。

スギナとツクシは、形が違うだけで同じ植物。
もちろん、根は一つです。

春の代名詞である、ツクシを庭で観るためにも
雑草のスギナを伸ばしておくのは必要悪だと思っています。

そんな中、今年もユリ(カサブランカ)が
伸びてきてくれました。
080406_093702

こちらも数年前から植えっぱなしで
大した世話をしていないのに咲かせてくれます。

初夏には、花を咲かせてくれるはず。

今のうちに、肥料をやっておこうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年4月 5日 (土)

早朝の新潟観光

不測の事態で、早朝から新潟にいました。

せっかくなので、帰るまでに
しばし市内観光を。

信濃川にかかる万代橋を渡って
新潟のコンベンションセンター「朱鷺メッセ」越しに
日の出を眺めてきましたよ。

古町を通過し、そのまま真っ直ぐ
日本海まで歩きました。

080405_060801
写真は、日時計越しの日本海です。
(日が差してませんが......)

ここから少し歩けば、水族館や日本海タワーなどがある
――ということを駅前の地図で知りましたが
さすがに早朝(朝の6時くらいですよ)だったので
もちろん、開いているはずもありません。

そのままUターン。
駅まで戻りました。

関東では、そろそろ桜が散る頃
(今日などは絶好の花見日和!!)ですが
新潟は、桜の季節はまだのようでした。

それでも、駅前には葉ボタンや080405_052501

ビオラ、パンジーが植えられていて
いい香りでした。

新潟といえ、その町並みは
都心に勝るとも劣らぬ
ビルや商業施設が建ち並んでいましたよ。

とても、地方とは思えない!
 
 
 

今は、自宅に戻っています......。

庭のチューリップが元気そうで何より!!

080405_101401
ちなみに新潟県は
チューリップの生産高で有名なのをご存知ですか?
(確か日本一のはず......ですが)

チューリップ畑でも観ておくんだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 2日 (水)

首都圏に大地震が来た、そのとき

中央防災会議の中にある
首都直下地震避難対策等専門調査会が出した
あるシミュレーションを発表しました。
 
 
 
『首都直下地震:3時間以上歩き帰宅201万人…調査会想定』 毎日新聞
 
 
 
『帰宅難民200万人が3時間大混雑 もし首都直下地震なら』 朝日新聞
 
 
 
まず、200人を対象に
地震直後、どのように行動するかをヒアリング。

その上で震源が東京湾北部でM7.3
なおかつ、発生は平日正午という条件で
シミュレーションを叩いたそうです。

すると......徒歩で帰宅する被災者が1252万人。

3時間以上に渡って
満員電車並みに混雑した道路を歩く人が
201万人に達するのだとか!!

この満員電車並みというのは
「1平方メートルに6人以上」いる状態。
――そもそも、動くに動けないじゃないですか......。

私なども、東京都心に働いて
さいたま市に住んでいるという
このシミュレーションに該当する一人。

この区間は通常、徒歩で6.3時間かかる所
災害時は混雑しているため11時間(約2倍の時間!)
要するという切ない結果までシミュレーションされています。

記事にされているのは、ここまでですが
実際、M7.3クラスの地震が平日の正午
東京湾の直近で発生してしまったら
幹線道路沿いの建物の多くは倒壊
場合によっては、火災が発生するのではないでしょうか。

さらに時間帯からして、道路は
乗り捨てられた自動車で埋め尽くされ
こちらも、あちこちで地震による揺れを避けきれなかった
衝突事故や、それによる炎上が起こっているかもしれません。

もっと言えば、道路自体が無事を保っているとも限りません。

高架の高速道路の下を走る一般道路は
高架が崩壊していると、がれきの山となり通行ができなくなりますし
そうでなくても陥没や、地下の水道管が破裂し
一部浸水していることも考えられます。

つまり、単なる「満員電車」でなく
障害物レースとなることも
このシミュレーションには織り込まれているのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年4月 1日 (火)

今日から四月......「みどりの窓口」は?

赤坂周辺のお昼時は
まさに今日、入社したての若人集団と
(年寄りじみた表現ですか......??)
何組も出くわしました。

そう、今日から4月。

桜も満開(多少、葉が伸びてきましたが)。
今日の関東なんて、風が強かったのに
散らずに踏ん張っています。

今年の桜は、我慢強い!!

そんな中、起こってしまった障害は......。
 
 
 
『JRの発券システムが2時間停止、原因は配電盤のショート』 ITpro
 
 
 
JR東日本以外を常時ご利用の方への補足ですが
「みどりの窓口」とは、切符などの発券窓口のことです。

システム全体として、おおむね二重化されていたにも関わらず
二重化されていなかった配電盤が
今回のボトルネックとなってしまったのは、何とも皮肉です。

画竜点睛を欠いてしまった......というところでしょうか。
 
 
 
ちなみに当サイトで、この手の引用が増えた「ITpro」は
いわゆるIT系の「業界紙」のようなものです。

IT企業へ資産運用している方も
参考になる記事が多いのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »