« 数値目標に至らなかったものの...... | トップページ | アメリカ経済の観点 »

2008年5月27日 (火)

小中学生と携帯電話

すでにご存じかと思いますが
政府の教育再生懇談会の結果
小中学生に携帯は使わせたくない
――という結論に達したようです。

『教育再生懇:小中学生の携帯使用制限は規制色薄く』 毎日新聞

『教育再生懇が初提言、小中学生の携帯電話不所持など求める』 日本経済新聞

『小中学生の携帯「ダメ」→「持つことがないよう協力」』 朝日新聞

私の認識として
携帯電話は、一つの道具と捉えています。

これまでの固定電話はもとより、鉛筆や消しゴム
家事で使うような鍋や包丁
電子レンジや洗濯機などと同列な
日常的に使う、ごく当たり前の道具の一つです。

教育とは、そうしたものについて
取り上げるのではなく
正しい情報を与えることではないでしょうか。

正しい情報とは
製品の知識、使い方、利便性
危険性、応用――などが挙げられると思います。

例えば、自転車。
学校や地域で正しい乗り方や
危険性について、交通安全指導がなされます。

ここまで、大げさではないものの
調理実習の際には、包丁の安全な使い方と
やってはいけない使い方とを学びます。

短絡的に、危険なモノを
見せないように隠すことが
教育の仕事ではないと思いますし
私から見れば、教育の放棄に他なりません。

結果、思考停止のまま
子供達が大人になった時の方が
恐ろしくはないですか??

子供に携帯電話は不必要と
要不要で取り上げることもできるかもしれませんが
それは、大人が使うのが良くて
子供は使ってはいけないという
子供にとっても合理的な説明がつくことが前提となります。

一方で、未成年者を守るための措置も
講じなければなりません。

従って、私はこう考えています。


①ケータイリテラシーを高める教育を施す
 (義務教育課程では必須)

②PC、ケータイを含めたWebサイトの格付け、法整備
 (有害情報の定義とサイト管理者への罰則強化)

③キャリアorISPは②を基にホワイトリストを作成し未成年者に提供


一般に、ホワイトリストの作成は
ケータイ鎖国であるとの批判もあるようですが
子供達の社会から、ケータイを閉め出そうとする方が
よほど鎖国的ではありませんか。

|

« 数値目標に至らなかったものの...... | トップページ | アメリカ経済の観点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50722/21224182

この記事へのトラックバック一覧です: 小中学生と携帯電話:

« 数値目標に至らなかったものの...... | トップページ | アメリカ経済の観点 »