« もっと、Operaを | トップページ | サンリオとキャラクター »

2008年6月10日 (火)

iPhoneでソフトバンクは変わるか

ついに、発売の目処が立ったようです。

『iPhone:新型を7月11日発売 日本など23カ国で』 毎日新聞

『ソフトバンクとアップル、「iPhone 3G」を7月11日に日本で発売』 japan.internet.com

『米アップルがHSDPA対応のiPhone 3Gを発表,日本発売は7月11日』 ITpro

ソフトバンクの当初の発表が
「年内に」ということだったので
日本向けの仕様を調整するため
年末の発売になるのではと思っていましたが
完全に誤算でした。

しかし、日本を含めた23カ国に向けて一斉発売というこになると
各国の携帯キャリアは、アップル製品の代理店と
位置づけは変わらないのではないでしょうか。

そうした懸念を持つのは、私だけではないようです。

『ソフトバンク株の行方--「iPhone」発売決定も不透明感ぬぐえず』 CNET Japan


『AT&T、iPhoneデータプランを値上げ--月額30ドルに』 CNET Japan

つまり、一時的に契約者の増加は見込めるものの
iPhoneの国内販売をソフトバンクが独占したわけではないという点。

さらに、iPhoneの販売には
アップルへのリベート(?)紐付きという点から
(米AT&Tでは、そのために別料金プランを設けているようですし)
ソフトバンクの株価に影響がないとしています。

実際、iPhone発売を発表した時点で
その期待感は、株価へ折り込まれます。
(つまり、7/11の発売日に株価が上昇!にはなりません)

株価上昇の余地があるとすれば
投資家が予測する以上の契約者を囲い込むとか......でしょうか。

あと1ヶ月に迫ったiPhone販売に向け
ソフトバンクは、どのような戦略を講じてくるのか
店頭とCMから目が離せません。

『アップル、「iPhone 3G」の仕様を公開』 CNET Japan

『『iPhone』は日本人に受け入れられるか?:「複雑過ぎる」日本の携帯電話』 WIRED NEWS

『『iPhone 3G』発表+GPSや音楽の魅力的なアプリを動画で紹介』 WIRED NEWS

『iPhone 3G--その全貌に映像で迫る』 CNET Japan

日本のユーザは、複雑な携帯電話が好きなので
単純な操作性は好まないから、日本でiPhoneは普及しない
――という、ものすごい記事には
さすがにウケてしまいました。

|

« もっと、Operaを | トップページ | サンリオとキャラクター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50722/21551151

この記事へのトラックバック一覧です: iPhoneでソフトバンクは変わるか:

» iPhone(アイフォーン)発売決定 [News World(ニュースわーるど)]
日本でもiPhone3Gがようやく7月11日発売が決定しました。 ソフトバンクモバイルから先日、年内に発売するという発表だけだったので、ずいぶん早い感じがしますが・・・ izaニュースによると http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/151845/ 新型アイフォーン登場 日本発売は..... [続きを読む]

受信: 2008年6月11日 (水) 06時31分

« もっと、Operaを | トップページ | サンリオとキャラクター »