« iPhoneが年内に | トップページ | サマータイムの弊害 »

2008年6月 5日 (木)

攻撃手法に変化が

まだまだ、エアポケットがあるということですね。

『標的はブラウザからネットワーク機器へ』 ITpro

従来型の攻撃は、Webサーバや
関連するデータベースサーバを対象とするものが多かったのですが
その攻撃手法に変化が見られつつあるようです。

これまでは、バグが少ないことが
ネットワーク機器における、高信頼性の条件でしたが
今後は、攻撃を受けにくいという
セキュリティ要件が相当することになるのかもしれません。

それに、プリンタ搭載のFTPサーバが
まさかの踏み台に!!
(なんだか、物理的なトロイの木馬のような気も)

プリンタにFTPサーバが搭載されているなんて
ほとんどの方が知らないのでは?
(私も知りませんでしたし)

とにかく、IPアドレスを持って
NW接続している機器は、全て
リスクマネジメントを考慮すべき時代が
すでに来ているということは、ハッキリしました。

個人的に、該当するネットワーク機器で設計していない(......と思うので)
正直、ホッとしていますが
新たな事例が報告されないことを祈ります。

|

« iPhoneが年内に | トップページ | サマータイムの弊害 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50722/21439131

この記事へのトラックバック一覧です: 攻撃手法に変化が:

« iPhoneが年内に | トップページ | サマータイムの弊害 »