« 低炭素社会の実現には | トップページ | 長瀞へ »

2008年6月 2日 (月)

コメと食糧自給率

私の住む関東も梅雨入り、ということで
昨日は、あんなに暑かったというのに
めっきり涼しい一日でした。

この気温差に、職場では
体調を崩してしまった方も少なくないようでして......。

明日も気温が下がるようですから
皆さんも、気をつけて下さいね。

さて、食糧自給率に関するニュースです。


『お米たくさん食べる→減反不必要→自給率上昇 首相語る』 朝日新聞

これには自民党幹部の中でも、コメは余っているので
大豆や小麦を作るべきとする異論があるようです。

しかし、コメ食からパン食に移ってるから
......という理由で穀物を育てましょうというのなら
その主張は間違いです。

なぜかというと、かつてより
コメの消費が落ちているのは事実ですが
その消費を補完しているのは、小麦や大豆ではなく
畜産物や油脂系だからです。

畜産系に関しては、国産ブランドの肉を消費しても
飼料を輸入に頼っているため
食糧自給率としてはカウントされません。

従って、穀物系を育てるべき
という議論ならば、首相への反論は有効だと思います。

少し、話はズレますが
これは国民総メタボ化に苦悩する
主要因ともいえそうです。

それでは、首相の主張はどうかというと
必ずしも間違いではないのですが
暗に、国民のライフスタイルの変換を強要しています。

コメの購入について、優遇税制を付与するなどの措置は
政策上、考えられますが
国民の抵抗は避けられないでしょう。

コメの減反は、補助金と引き替えに
長期に渡って競争力のない農家を生んでしまった
政策の失敗と言えるモノ。

制度としての減反への手入れも然りですが
耕作放棄地を、いかにリノベーションさせるかも
食糧自給率を上げるには、必要かと思うのですが。

|

« 低炭素社会の実現には | トップページ | 長瀞へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50722/21368713

この記事へのトラックバック一覧です: コメと食糧自給率:

« 低炭素社会の実現には | トップページ | 長瀞へ »