« 攻撃手法に変化が | トップページ | 次世代のエネルギー資源は »

2008年6月 6日 (金)

サマータイムの弊害

諸手を挙げて、賛意に傾いている中
なるほど、こういう見解もあるのか
......という記事です。

『「サマータイムは健康に悪影響」 睡眠学会が声明』 朝日新聞

夏時間に切り替わっても
体内時計と、家屋からの放熱は
必ずしも追いつけないということが
睡眠障害のトリガーになるようです。

仮に、体内時計を強制的に合わせたとしても
気温が下がりきらないうちに
寝ることになれば、結果的にエアコンの使用料が
オフィスから家庭へ転嫁されるだけだと思います。

サマータイム導入には、にわかに
そして、やたらと前向きな意見が多いわけですが
こうした可能性も、きちんと検証した上で判断したいものです。

|

« 攻撃手法に変化が | トップページ | 次世代のエネルギー資源は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50722/21460621

この記事へのトラックバック一覧です: サマータイムの弊害:

« 攻撃手法に変化が | トップページ | 次世代のエネルギー資源は »