« 寒すぎる電車 | トップページ | 骨太の方針に何が足りてないのか »

2008年7月 2日 (水)

落書きと処罰

国内でも、現地でも、賛否両論のようです。

『落書き:伊紙「あり得ない」 日本の厳罰処分に』 毎日新聞

『県内から賛否 落書きの野球部監督解任 茨城』 izaニュース

たかだか落書きに対して、停学や職務解任とは
あまりに厳罰過ぎるとする主張。

舞台となったイタリアは
寛容......と思いきや
フィレンツェに限らず、この国の古代遺跡は落書きだらけとか。

大らか(?)な国民性なのでしょう。

これが、規律に厳しいドイツだったら
本当に国際問題だったかもしれません。

もちろん、それよりも軽微な
――例えば、落書きを消しに行くといった
処罰もあったと思います。

一方で、相手の国民性に依存しない
処罰の方針・判断を、国内で定めたという点で
私は評価したいと考えています。

|

« 寒すぎる電車 | トップページ | 骨太の方針に何が足りてないのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50722/22034728

この記事へのトラックバック一覧です: 落書きと処罰:

« 寒すぎる電車 | トップページ | 骨太の方針に何が足りてないのか »