« 全日空、国内空港でシステム障害 | トップページ | リーマン・ブラザーズが破綻 »

2008年9月15日 (月)

全日空の国内旅客チェックインシステムの障害

昨日は、結局53便の欠航
1時間以上の遅延も数多く発生し
約5万4000人に影響が出たそうです。

『全日空、システム障害で53便欠航 国内線、5万4000人に影響』 日本経済新聞

『〔続報〕全日空の搭乗システムが暫定復旧、日付処理の問題が濃厚』 ITpro

『全日空:システム障害 連休の行楽客ら対応に憤る』 毎日新聞

障害となったのは国内旅客のチェックインシステム。
(搭乗手続きなどをする、あの機械のことだと思います)

本日の運行には影響がないとしていますが(全日空HP参照)
根本的な原因を特定・対応できているわけでなく
あくまで暫定対応によって、障害を回避している状態だそうです。

その回避方法が、システムの端末とサーバ間で使われている
日付処理を外したということなので
原因は、かなり絞られていると思うのですが。

続報が気になります。

|

« 全日空、国内空港でシステム障害 | トップページ | リーマン・ブラザーズが破綻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50722/23756390

この記事へのトラックバック一覧です: 全日空の国内旅客チェックインシステムの障害:

« 全日空、国内空港でシステム障害 | トップページ | リーマン・ブラザーズが破綻 »