« 訂正です | トップページ | 暮れのご挨拶 »

2008年12月29日 (月)

JR東日本の新幹線は復旧、運行を開始したようですが その3

JR東日本の新幹線を一元管理する
運行システムの障害によって
114本が運休し、13万人もの利用客に影響が出たそうです。

『新幹線不通、前日の混乱がシステム障害に 運休112本』 朝日新聞

『112本運休、影響13万人 新幹線のシステム障害』 izaニュース

『システム障害で新幹線112本が運休、帰省客ら13万人に影響』 日本経済新聞

『新幹線:ぐったり…故郷遠く システムトラブルで混乱』 毎日新聞

要因は、前日のダイヤの大幅な乱れにから
当初の予定と異なる車両のデータ入力に
始発直前の午前6時前までかかったことと見られています。

入力はしたものの、システムに反映されることなく
運行ができない状態だったわけです。

この入力データを消し、再入力すると
復旧のめどが立ったことことから
JR東日本としては、更新のデータ量が問題だったか
入力データに間違いがあったかの
どちらかが原因としているようです。

今日も、かなりのダイヤの乱れでしたから
このまま行くと、明日は......??

この時点で、どちらの原因によるものなのか
切り分けられていないのは
明日の利用客にとって、不安を残すことになりますが
祈るほか無いのかも......。

システム担当者や、システムベンダは
場合によっては、年末年始は返上になるかもしれませんね。

|

« 訂正です | トップページ | 暮れのご挨拶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50722/26620642

この記事へのトラックバック一覧です: JR東日本の新幹線は復旧、運行を開始したようですが その3:

« 訂正です | トップページ | 暮れのご挨拶 »