« ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 ニューイヤー・コンサート 2009 | トップページ | 拾う神あり »

2009年1月 2日 (金)

『英語は逆から学べ!』を読みました

『英語は逆から学べ!』 苫米地英人 著

著者は、これまでの日本の英語教育について
機能脳科学の立場から、批判的に見ており
既成の日本語脳の中に「英語脳」を作るのではなく
全く新たなネットワークを、脳内に作る必要があるとしています。

かく言う私も、英語ができない日本人の一人で
未だに、会話はおろか
文章を調べながら読んでも
結局、何を言わんとしているのか
全く分からないという、残念なレベルに留まっています......。

本書の購入のきっかけは
今さらながら、英語を身につけたい反面
効果的な英語の学習方法を知らないまま
しゃにむに、学校時代の真似事をしていても
結局、何も身につかないのでは?と思ったからでした。

しかしながら読み進めるうち、英語の学習方法だけでなく
その他の分野の学習についても効果的な方法があるのでは?と
機能脳科学への関心も芽生えてきました。

|

« ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 ニューイヤー・コンサート 2009 | トップページ | 拾う神あり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50722/26737494

この記事へのトラックバック一覧です: 『英語は逆から学べ!』を読みました:

« ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 ニューイヤー・コンサート 2009 | トップページ | 拾う神あり »