« 『これから10年 女性社員を伸ばすものが勝つ』 | トップページ | 『人と人の「つながり」に投資する企業』 »

2009年1月21日 (水)

『江戸秘伝 職養道のすすめ』

今では、その伝承も途絶えてしまっているようですが
現代のビジネスでも、十分に通用する所作だと思います。

『江戸秘伝 職養道のすすめ』 佐藤六龍 著

江戸時代の職人たちが独立する際に
親方や師が口伝で伝えた
生業の知恵ともいえるのが「職養道」。

例えば「同業者の悪口は言うなかれ」。
もちろん、同業者に関わらず
悪口など避けるに超したこと無いのですが
信用を得ることを考えれば
ライバルを蹴落とし、目先の利益を
追ってはいけないというのは納得です。

同時に、ここまで素晴らしい「職養道」が
今日、廃れてしまったのも
口伝による暗黙知となってしまったからではないかと。

会社として、組織として廃れず
行動の再現性を高めるためには
やはり、明文化しておくことを暗に物語っているような気がします。

|

« 『これから10年 女性社員を伸ばすものが勝つ』 | トップページ | 『人と人の「つながり」に投資する企業』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50722/27299395

この記事へのトラックバック一覧です: 『江戸秘伝 職養道のすすめ』:

« 『これから10年 女性社員を伸ばすものが勝つ』 | トップページ | 『人と人の「つながり」に投資する企業』 »