« Wikipedia募金 | トップページ | IPA職員による情報流出 »

2009年1月 7日 (水)

『イノベーション・シンキング』

キーワードとなっている水平思考によって
常識や既成概念に囚われない
新たな見方、発想ができるとされています。

『イノベーション・シンキング』 ポール・スローン 著

章の合間に登場する「水平思考パズル」は
文字通り、提唱する思考法を養う効果があるとか。
(これが、なかなかの発想力を要求される!)

組織的にイノベーションを
根付かせる方法論が書かれているのは
個々で行うより、チーム・組織で取り組んだ方が
相乗効果を発揮し、間違いなくイノベーションが加速するからでしょう。

クリエイティビティを要求するということは
同時に、組織としての環境整備も
図らなければならないということですね。

|

« Wikipedia募金 | トップページ | IPA職員による情報流出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50722/26902362

この記事へのトラックバック一覧です: 『イノベーション・シンキング』:

« Wikipedia募金 | トップページ | IPA職員による情報流出 »