« 『退職のトリセツ』を読みました | トップページ | JR東日本の新幹線が止まった原因は......。 »

2009年1月 6日 (火)

『うちの社長は、なぜ「ああ」なのか』

ナンバー2が、突然辞める。
会社全体に覇気がない
社員が言うことを聞かない。
――これらは中小企業病の症状なのだそうです。

『うちの社長は、なぜ「ああ」なのか』  石原明 著

これらの病は、社長の性格や価値観に根ざしているため
小手先の手法では、解決はおろか
無限ループに陥ると、著者は指摘しています。

確かに、大企業であれば
株主、監査役、マスコミなど
社会的ルールやモラルの目が光っていますが
中小企業となると、社会的な監視が機能せず
一人の経営者の裁量によって
全て、決まってしまうことが多いですね。

本書は、中小企業の実務にとどまらず
社長の価値観にまで踏み込んだ処方箋を与えている
著者のコンサルタント活動における実話であり
その業務の厚みに感心させられます。

|

« 『退職のトリセツ』を読みました | トップページ | JR東日本の新幹線が止まった原因は......。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50722/26870900

この記事へのトラックバック一覧です: 『うちの社長は、なぜ「ああ」なのか』:

« 『退職のトリセツ』を読みました | トップページ | JR東日本の新幹線が止まった原因は......。 »