« タラップの強度は計算されていなかった | トップページ | 『柳生真吾のガーデニングはじめの一歩』 »

2009年1月27日 (火)

『労働基準法がよく分かる本』

働くからには、学んでおいた方がいいでしょう。

『労働基準法がよく分かる本』 下山智恵子 著
                      平野敦士 監修

とりわけ「慣習」という考え方は勉強になりました。

仮に就業規則に定めが無くても
取り扱いが反復、継続して行われていることを
従業員も広く認知し、経営側も黙認している
事実上のルールを「慣習」と呼ぶのだそうです。

むやみに「慣習」を取りやめると
問題になることもあるそうですから
やはり、必要なことは明文化しておくべきなんでしょうね。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

|

« タラップの強度は計算されていなかった | トップページ | 『柳生真吾のガーデニングはじめの一歩』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50722/27517799

この記事へのトラックバック一覧です: 『労働基準法がよく分かる本』:

« タラップの強度は計算されていなかった | トップページ | 『柳生真吾のガーデニングはじめの一歩』 »