« JR東日本の不正取水 | トップページ | 鉢上げ大作戦 ハーブ編 »

2009年2月14日 (土)

世界らん展日本大賞2009

年に一度のランの祭典と言っても過言でない
東京ドームで開催されている
「世界らん展日本大賞2009」に行ってきました。

開場30分前に着いても
すでに、行列がとぐろを巻いている状態でして
さすが!といえる人気!!

私は観ることができなかったのですが
昨夜、NHKのBS-2で今回の見どころを
柳生真吾さんらが紹介されていたようですから
その効果もあってか、なかなかの集客具合です。

会場内は、本当に多くの方が
デジカメやケータイ片手に、ランを愛でていましたよ。
(もちろん、私もその1人!!)

090214_102501

もちろん、大賞作品は素晴らしいのですが
この世界らん展では、様々な部門があり
どれも見事なのですが
個人的に素晴らしいと思うのは
フレグランス部門という、香りを競う部門と
ディスプレイ部門という、一つの区画の中で
ランを用いて、立体的な造形を描く部門です。

やはり、ランの花自体
カラフルで立体的ですから
それだけでも飽きないわけですが
そこに、香りが加わると
また違った印象を受けるものです。

090214_105901

そうした、言わば「独奏」に対し
複数のランや、その他のモチーフを重ねて
よりメッセージ性を高めた
「オーケストラ」がディスプレイに相当すると考えていまして
アメリカの出展者が和傘などを使った
大胆な「和」テイストを主張したかと思えば
国内の高校が、野趣あふれるきめ細かな造形を演出しているなど
本当に楽しめました。

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村

|

« JR東日本の不正取水 | トップページ | 鉢上げ大作戦 ハーブ編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50722/28085287

この記事へのトラックバック一覧です: 世界らん展日本大賞2009:

« JR東日本の不正取水 | トップページ | 鉢上げ大作戦 ハーブ編 »