« 見沼たんぼ100年の計 | トップページ | 『ハーバード・ビジネススキル講座 提案力』 »

2009年2月 1日 (日)

Googleの人為ミス

幸か不幸か、目の当たりにした方も多かったのでは?
さぞ困惑したでしょうね。

私はちょうど「お気に入り」や
「Googleリーダー」などを巡回していましたので
全く気づかずにいました。

『表示エラーか Google、すべての検索結果に「PCに損害を与える可能性」』 @IT

『グーグルで一時システム障害か 検索すると「警告画面」』 izaニュース

『グーグル検索結果すべて「コンピュータに損害を与える可能性あり」、原因は人為的ミス』 CNET Japan

『検索結果「警告」ずらり…グーグルが謝罪』 izaニュース

「このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります」
――との表示は
悪意あるソフトウェアが仕込まれているサイトの
検索結果について出てくるもので
Googleは、非営利団体StopBadware.orgから
問題サイトのリストの提供を受けていたようです。

ところが、StopBadware.orgは
このリストを手作業で作成していたのでした。

今回のリスト中、人為ミスで「/」が入っていたため
これを含むURL......つまり、全てのサイトが
結果的に問題サイトと解釈されたというわけです。

本質的な原因は、手作業でリストを作成していた
StopBadware.org側で、機械検出による
リスト化を図っておくべきだった点と
Google側でも、そのリストを精査すべきだったという
二点あるのではないかと考えます。

検索システムも、今や社会資本のようなもの。
新たなベータ版による、テストマーケティングもさることながら
既存のサービスの底固めも
しっかりとお願いしたいと思います。

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

|

« 見沼たんぼ100年の計 | トップページ | 『ハーバード・ビジネススキル講座 提案力』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50722/27668807

この記事へのトラックバック一覧です: Googleの人為ミス:

« 見沼たんぼ100年の計 | トップページ | 『ハーバード・ビジネススキル講座 提案力』 »