« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月31日 (火)

『オタクで女の子な国のモノづくり』

かつては冷遇を受けていたオタク文化も
今や、海外との文化交流において
外せないファクタになっていますよね。

特定セグメントであるにせよ
海を越えて、なお外国人を惹きつけている
その要素は何だろうと、いつも思うのです。

『オタクで女の子な国のモノづくり』
川口盛之助 著

本書の象徴的なキーワードから読み解くに
日本が得意とする軽薄短小化技術に
惹かれているのではないかと。

同時に、唯物的な「モノ」に対して
個性あるキャラクタ像と
ストーリーを吹き込むことによって
人と人とのコミュニティ(つながり)を保つ
ツールとしてパッケージされているからかもしれません。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月30日 (月)

『システムはなぜダウンするのか』

全ての「ダウン」が、未然に
防げるわけではないと思いますが
可能な限りの手を打っておくことが大事だと考えています。

『システムはなぜダウンするのか』
大和田 尚孝 著

広く企業のシステム担当者の方々が
それを良しとするかは別として
システム障害は、技術者のスキルアップに
一役かっていることは事実です。

私も、かつては障害対応に動員されることに
密やかな喜びを感じていたのは
時間追われながら
高いスキルの技術者に囲まれて仕事ができるため
通常の案件対応よりも、集中的に
技術を学べるからでした。

今では、そんな不謹慎ことを
とても軽々しく言えない立場になってしまいましたが......。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月29日 (日)

セミナー2日目

多くの学びと、ご縁の中
新たな専門分野の構築に必要な学習法を
押さえることができたと思います。

神田先生が講師を務めるセミナーは
これまで、何度か参加したことがありましたが
お話しさせていただいたのは
今回が初めてでしたので
その意味からも、印象深い2日間となりました。

メソッドを広くシェアし難いのは
困りもの(苦笑)ですが……。

神田先生をはじめ、会場でご助力下さった
全ての皆さまに感謝!です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月28日 (土)

週末スペシャリストセミナー

今日、明日の2日間にわたって
講師を神田昌典さんが務めるセミナー
初日の今日、良い意味でヘトヘトになりました。

どんな内容なのかは、とても世間一般には
受け入れられないメソッドが、ほとんどのため
この場で明らかにするのは控えさせていただきますが
とにかく、学んでいること自体
楽しくて、心地よくヘトヘトになるわけです。

セミナーのコンテンツもさることながら
一定のモチベーションを持つ人たちと
場を共有できることも、非常に有意義ですね。

明日も楽しみです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月27日 (金)

行ってきました。フォトイメージングエキスポ2009

ここ2年くらい行ってなかったと思いますが
久々、行ってきました。

仕事の合間に、何とか時間を捻出したので
実質、1時間も会場にいられませんでしたが
長年、お世話になっている
ニコンのブースをメインに回遊させていただきました。

もっと長居したかったのですが......。

デジタルカメラも、技術的に
フィルムと区別が付かないほどのレベルに
昇華してきていることが分かったのは収穫でした。

少し大きめのブースを何社かで
共同展示(?)している箇所も、いくつか見えましたが
やはり景気の影響でしょうか??

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月26日 (木)

『柳生真吾のがんばらないガーデニング 70点ガーデナーになろう!』

表紙の写真からも、脱力感が伝わってきます。
(もちろん、良い意味ですよ!)

『柳生真吾のがんばらないガーデニング 70点ガーデナーになろう!』
柳生真吾 著

もちろん、園芸は植物を育てるだけでも
十分楽しいものです。

でも、その植物を使って楽しめる方法があると
もっと、モチベーションを保って育てることができますね。

本書は、写真と柳生真吾節たっぷりに
初心者に向けて、園芸を楽しむコツを伝授してくれます。

厚さのある本ではありませんが
本書を作るにあたって
このために、畑を耕したり
苗を植えるところからスタートさせたため
およそ1年がかりだったとか。

妥協のないその熱意に頭が下がります。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月25日 (水)

『野菜が壊れる』

これも環境汚染の一つと言っていいでしょう。

『野菜が壊れる』
               新留勝行 著

化学肥料や農薬が、本来持つ
味、栄養価、さらには安全性を犯されている
多くの国産野菜。

輸入される農作物には
ポストハーベスト農薬や燻蒸による殺菌や殺虫。

......という本書の内容が事実だとすると
普段、何という野菜を食べてきたのだろうと
暗澹たる思いです。

昨年来、食品偽装が
国内の食品業界に散見されていますが
こうした事態と本質的に、何が違うのか分からなくなってきます。

しかし、これも消費者が求める
安さや手軽さと引き替えに
失っているものの一つということ。

遅きに失した感はありますが
食品とは何を優先させるものかを
冷静に考えてみれば
今後、進むべき選択肢が見えてくるというものです。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月24日 (火)

誇るべきWBC連覇

お昼に寄った、勤務先の近くにある
大型スーパーの家電コーナーでは
普段より、多くの人が群がっているので何かと思ったら
WBCをプラズマテレビや液晶テレビで観戦しているのでした。

『WBC:日本、再び世界一 延長で韓国降す 松坂がMVP』
                              毎日新聞

『岩隈、MVP級の大仕事「最高の投球できた」 WBC』
                              朝日新聞

『イチロー「谷しかなかったけど、最後に山に」 WBC』
                              朝日新聞

『WBC連覇:イチロー どん底抜け改心笑み』
                              毎日新聞

『WBC連覇:新宿で歓声 ソウルはため息』
                              毎日新聞


今大会、イチロー選手は不調のようでしたが
最後の最後で決めてくれましたね。

連覇を成し遂げた侍JAPAN。
純粋に、よく頑張ってくれたと讃えるべきでしょう。

正直、あまり野球のことは分かりませんが
日本の実力が世界の頂点にあることに誇らしく思います。

そんな中、国内には
誇らしく思えない場面もあったようで......。

『WBC連覇:国会そわそわ ワンセグ見入る議員も』
                              毎日新聞


こちらは世界の頂点とは言い難いですね。

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『くたばれ、マニュアル! 書き手の錯覚、読み手の癇癪』

知りたいときに開くマニュアルは
不幸にも、必要な情報が得られないことがままあります。

『くたばれ、マニュアル! 書き手の錯覚、読み手の癇癪』
                          海保博之 著

広くコンシューマ向けの製品マニュアルなど
さすがに、作ったことはありませんが
私も仕事柄、作業員向けの手順書を都度作っています。

ですから、本書の内容は
身につまされる箇所も......。

やはり、書き手のドキュメントリテラシーが欠かせないようです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月23日 (月)

『人がいきる組織 共創が働き方を変える』

普通のビジネス書と思いきや
冒頭から、イラストが多用されていて
感性に訴えかけてきます。

『人がいきる組織 共創が働き方を変える』
           共創型組織研究会 編・著

チームワークによる
個々の働きがいを追求するために必要なのが
共創的組織を、いかに作るかが
本書の命題となっています。

こういうテーマの事例として
常にと言って良いほど、パタゴニアが挙がるのは
個を尊重した、風通しの良い社風が
社内はもとより、世に広く浸透しているからでしょう。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日)

揚げ物は作らず嫌いだったのですが

揚げ物を食べるのは、もちろん好きですが
自宅で作るとなると
色々と手間がかかるわ、油がはねるわ
後片付けは大変だわ......というイメージが強く
これまで敬遠していたのでした。

ふと、お肉屋さんで売っているような
メンチカツを、どうしても作ってみたくなったので
結局、これまでのポリシーを曲げた成果が
こちら「メンチカツ定食」の写真です。

090322_191502

お肉屋さんのメンチには、さすがに及びませんでしたが
我ながら、初めてにしては良くできた方だと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月21日 (土)

春の訪れ

2月は雨が多くて、うんざりだったのですが
3月は冬を素っ飛ばして
春が駆け足でやってきた感がありますね。

『ぽかぽか陽気、東京でも桜開花 平年より1週間早く』
                        朝日新聞

『桜:東京で開花 平年より1週間早く』
                        毎日新聞

嬉しい春の便り......の反面
都内近郊が入学式の頃には
散ってしまうんだろうという侘びしさも。

私の庭にも、新たな春の便りが訪れてくれました。

こちらは、スイセンです。

090320_131501

逆光で撮ると、花びらだけが光って映ります。


ユリの仲間、カサブランカの芽です。

090320_131801

こちらも、ここまで伸びるのが
平年より早いような気がしますね。


実は、うちのクリスマスローズは今が満開です。
これは一番最後に咲いた花です。

090320_133002

ソメイヨシノと、どちらが先に散ってしまうか楽しみです。

そういえば、こんなところでも菜園ブームのようですね。

『ホワイトハウスに家庭菜園 ミシェル夫人「娘のために」』
                        朝日新聞

ご自分たちで管理されたら
おいしさも、ひときわでしょうね

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

『NHK受信料は拒否できるのか 受信料制度の憲法問題』

余り多くは語りたくありませんが......。

『NHK受信料は拒否できるのか 受信料制度の憲法問題』
       土屋英雄 著

NHK受信料の是非については、様々な見解はあるようですが
そもそもの法的根拠が希薄である点は否めないでしょう。

過不足の無い、シンプルなルールが
一つあれば事足りるものを
(意図的に?)解釈の余地を残したり
多くの例外を有するようなものでは
もはやルールとは呼べないことを示す悪例だと
私は認識しています。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月18日 (水)

『スシエコノミー』

テーマがテーマだけに、外国人にして
良くも書けたり、というのが第一印象でした。

『スシエコノミー』   サーシャ・アイゼンバーグ 著

言わずと知れた、日本を代表する
食文化の一つであるだけに
寿司と世界とが、どのようにつながっているかという点は
日本人にとって盲点だったのかも知れません。

物流と食文化がグローバル化する一方で
庶民の味であった、寿司ネタの代表格であるマグロも
近年、世界的に需要が高まり
価格が高騰している点は、見過ごすわけにはいきません。

もちろん、需給バランスによる
価格決定を無視することはできないでしょうけれど
様々なステークホルダーが、一人勝ちでなく
商システムとして、いかに信頼性が高く
長期間継続させるかを尊重し
同時に、リスクを相互で分散し
痛み分けを図っている点には
単なる市場経済を超えた
責任や誇り、信念のような温度が感じられ脱帽でした。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

気象庁からの監督命令

この監督命令は重い......。

『気象配信システムダウンで、気象庁が再発防止の監督命令』 ITpro


ちょうど1週間ほど前に起こった
気象配信システムの障害について
気象庁から監督命令が出されたわけです。

まだ原因が掴めていないということは
疑似環境を用いて、関係ベンダが
現試験を繰り返し実施している最中......でしょうか。

当該システムを管理している
財団法人の気象業務支援センターと
気象庁との関係が、よく分からないのですが
本システム導入時は、監督省庁として監査のような機能は
働いていなかったのでしょうか?

障害が起こった後とは言え
監督命令を下すのであれば、監督省庁として
システム要件に一定の基準を設けるべきですし
それを査収の上、システム管理を任せているのであれば
再発防止策は、気象庁の側が
提示するべきではないかと思ったりするのですが......。

真実は、どうなのでしょう?

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月)

打ち上げ成功!!

五度に渡る延期で、すっかりノーマークでしたが
無事に打ち上げ成功したようで、なによりです。

『米シャトル打ち上げ成功 若田さん、3カ月半の宇宙滞在へ』 日本経済新聞

『ディスカバリー:打ち上げ映像に拍手 新宿の街頭テレビ』 毎日新聞

『若田さん搭乗のシャトル、打ち上げ成功』 朝日新聞

余り知られていない事実ですが
若田さんは、埼玉県さいたま市(旧大宮市)出身。

同郷の方が、人類に貢献すべく
3度目の宇宙飛行にして
日本人初の長期滞在をされるのは
なんとも、誇らしいものです。

埼玉県のマスコットキャラクタである
「コバトン」も連れて、シャトルに乗り込んでいるそうですよ。

ぜひとも、ミッションを成功させ
帰還の際は、色々な宇宙生活の体験を伺いたいですね。

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月15日 (日)

久々の庭 その5

私が庭に、これでもかと
しぶとく繁殖するスギナに対して
大伐採プロジェクトに取りかからないのは
春の訪れを教えてくれるからです。

ツクシです。

090315_101001


スギナは地下茎でも増えるのに
春になると、胞子でも増えるためにツクシを出します。

これが夏には、地面を覆うほどのスギナに成長するわけです。

ツクシが伸びているということは
当然、スギナの芽も顔を出しています。

これは、なぜかスギナが
落ち葉を突き破って伸びているものです。

090315_102102


落ち葉の下から芽を出したとしても
落ち葉を突き破りますか?普通?

春は、不思議がいっぱいなのです。


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々の庭 その4

ちょっとアンダー気味ですが
季節の知らせですので......。

090315_100601

撮ったのは、クロッカスです。

地植えのまま救ってやれなかった球根から
律儀なことに、今年も花を咲かせてくれました。

これも、庭の足場近くに咲く一団の一つです。
(足場の意味が分からない方は当ブログをあさって下さい)

私の庭の中で、いち早く春を知らせてくれる
健気な小さい花です。


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々の庭 その3

2、3日前からシクラメンも花を付け始めました。

シクラメンは一般に、余り雨などに
さらさない方が良いらしいので
普段は室内の窓際に置いて管理しています。

ほとんど水も与えません。

ただし、日光が嫌いなわけではないようですから
天気の良い週末は、こうして
日光浴をさせることにしています。

ところで、シクラメンの花びらは
反り返って咲いていることは、ご存じでしたでしょうか?

090315_095801

つぼみの時は、少しうつむいていますが
花が開くと、花びらだけが反り返るように咲くのです。

この咲き方も、ちゃんと
シクラメンなりの理由があるはずですが
残念なことに、私には分かりません。

カタクリなども、同じような咲き方をしますね。

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々の庭 その2

これも母からの預かりもの。
フリージアです。

090315_095701

まだ、つぼみですが
もう少しで花が咲くと思います。

私の庭から鉢上げした
フリージアの多くは
長い葉が、ぐったりしてしまっているのは
肥料の差なんでしょうかね?

そっちも、もうじき咲くはず、です。


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々の庭 その1

これといった冬の寒さがない中
とうとう、春めいてきてしまいましたが
こんなことで、本当に地球は大丈夫なのか
なんだか不安を覚えてしまいます。

さて、鉢上げをして約1ヶ月経つ
クリスマスローズは
順調に、花数を増やしてくれています。

090315_095501

母のと、私のを合わせて
3株を1鉢に寄せ植えしたものですが
咲くのは母のクリスマスローズばかり。

私のは、後から後から
葉っぱだけが伸びてくるんですよねぇ。

どうしてなんでしょうか?


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月14日 (土)

引退

この業界も、世代交代が続きますね。

『ブルートレイン:はやぶさ・富士にさよなら…最後の運行』 毎日新聞

『「ありがとう」最後のブルトレ名残惜しむ』 izaニュース

『ブルートレイン:石破農相も廃止惜しむ』 毎日新聞

『ブルトレにお別れ「ニュースをみて飛んできた」 京都駅』 朝日新聞

『ブルトレ最後の旅、東京駅に3000人 「富士」「はやぶさ」』 日本経済新聞

子供の頃、電車好きの友達がおりまして
その子の「電車図鑑」のような本を見ながら
ブルートレインという言葉を知った記憶があります。

残念ながら、廃止となった
「富士」「はやぶさ」に乗ったことは
私自身ありませんが
郷里とを結んでいたブルートレインは
乗る人それぞれのドラマがあったのでしょう。

だからこそ、最後の東京駅に
3000人ものファンが集うのかと。

私が今、技術職を生業としているからか
車両の点検修理に携わった方々の回想は
感じ入るものがあります。

『ブルートレイン:「扱った」誇り今も 廃止に万感の思い』 毎日新聞

今月は、なんだか出張付いているので
鉄道の話題が気になりましたが
ところで、引退した車両は
やはり、さいたま市の鉄道博物館に来られるのでしょうか?

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月12日 (木)

結局……

結局……
三ノ宮駅で途中下車して、ぶらぶらしてました。

神戸の中華街は初潜入でしたが
独特の活気と装飾と陳列に
思わず、目が惹かれます。

目を惹いたと言えば、三ノ宮駅前の歩道橋とフラワーロードという愛称の
メインストリート沿いにある花壇。

ビオラやパンジー、ゼラニウムにコニファーなど
ありがちな植栽の中に
ローズマリー、ラベンダーといったハーブも
顔を並べていました。

確かに、これらのハーブは丈夫だし
なにより管理も楽。

しかも常緑で、良い香りを漂わせる植物が
なぜ今まで、こうした街中に
植えられてなかったでしょう!?

結局……

ちょっとした発見と
神戸近郊のセンスを学ばせていただきました。

今は、東京行きの新幹線の中で
これを書いています。


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の仕事は終了

今日の仕事は終了
兵庫県小野市での仕事が終わり
お客様に、JR土山駅まで
送っていたたきました。
(ありがとうございました!)

電車を待ちながら
神戸辺りに寄り道しようかか
それとも、大阪辺りで寄り道しようか
あるいは、まっすぐ家路に向かうか
考えている最中です。


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月11日 (水)

成長国家も、今は昔

BRICs各国の成長率は
ここ数年、目覚ましいものがあり
一時は、G8などに参加する主要国を
入れ替えるべきだとの議論も為されていたものです。

『ブラジルの成長率、大幅減速 08年10―12月期』 日本経済新聞


これらの国々が高成長を誘引した特徴は
大きく2つのうち、いずれか。

一つは原油など、需要の高い資源を有している。
もう一つは、諸外国の「工場」として機能している。

一次産品にしろ、工業製品にしろ
内需でなく、先進諸国を相手に
輸出主導によって経済力を推進させていたため
先進国を震源とする世界不況の余波は、避けられないのでしょうね。

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

破たん処理にもルールが

自由主義経済の大本命と謳われた米国も、今は昔。

『FRB議長、米大手金融破綻処理へ法整備を』 日本経済新聞

百年に一度、使うか使わないかであったとしても
やはり、自由を統制するルールは
セーフガードとして用意しておくべきでしょう。

経済学に言う「市場の失敗」は
机上ではともかく、現実では常に起こり得るのですから。

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

「Day2」は正攻法だった

定期購読しているわけではなく
気になる特集記事の時に、買うようにしています。

今回の特集記事は、まさに私が気になっていた
プロジェクトの舞台裏について書かれたものでした。

『日経コンピュータ 2009年3月4日号
 特集 6000人の正攻法 三菱東京UFJ銀行「Day2」から学ぶ』

IT業界に身を置く方でなくとも
三菱東京UFJ銀行が、たびたびATMなどを停止して
システム統合していたことは、ご存じだと思います。

その統合プロジェクトの愛称が「Day2」。
ピーク時には6000人の技術者が参画したとされ
名実ともに、昨今のプロジェクト規模としては
最高峰と言えるのではないでしょうか。

本誌では、プロジェクトの成功は
奇策によるものでなく
大きく4つの正攻法によるものとしています。

数年がかりで漕ぎ着ける、ゴールへの道のりは
恐らく、難所だらけだったと推察しますが
即効性の高い「魔法」のようなマネジメントなど、空想に過ぎず
当たり前のことを、当たり前に
一つ一つをこなしていくことこそ
大事であることに、改めて思い知らされました。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 9日 (月)

気象情報の配信システム障害

昨日から私も仕事が忙しく
全然、追っていなかったのですが
気象庁の外郭団体のシステムが
大変なことになっていたようですね。

『気象情報配信システムのダウン、引き金はハード故障』 ITpro

このニュースによれば
今日の午後8時の段階に至っても
正常稼働に至っていないそうです。

本番系システムのCPUボードが故障したのは
やむを得ない事故だと思いますが
これが予備系に切り替わらなかったことは
やはり、不具合ということになりますね。

私は毎日、翌日の天気予報を
ケータイメールで配信サービスを受けていて
いつも午後6時過ぎに来るはずの
そのメールが届いたのが、午後10時前でしたが
もう、復旧している?のでしょうか。

『気象情報配信システムが17時間20分ぶりに復旧、経緯の詳細はいまだ不明』 ITpro

どうやら午後8時半頃、復旧したそうです。

本番系のCPUボードと、予備系と
共用のディスクに関わる不具合が重なったと見られていますが
原因は分かっていないようです。

ぜひ、この二重障害に至った経緯を知りたいところです。

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『もっと!冒険する社内報』

戦略的な社内報の発行によって
企業の体質改善を施し
社員の仕事に対する意欲や
組織への帰属意識を高めることができるとしたら......。

『もっと!冒険する社内報』 福西七重 著

かつて、リクルートで
社内報の編集をしていた方だけあって
メディアとしての社内報の目的や効能を
良く知ってらっしゃいます。

コミュニケーションが大事
――と言いながらも
具体的な方策が仕掛けられていない
組織や企業は、多いのはないでしょうか。

企業を取り巻く環境が
厳しさを増している昨今だからこそ
社員に理解を深める広報活動が欠かせないのだと思います。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

『科学バカ人生!』

好きですねぇ、こういう本。

『科学バカ人生!』 柳田理科雄 著

一般人からすれば、奇妙(失礼!)な発想にしか見えませんが
日常を科学の視点で斬っていく著者にとっては
ごく自然な発想であり、検証なのでしょうね。

個人的には、迷信として名高い
北枕について書かれた箇所が好みです。

正確な北枕とは、北極点に頭を向けて寝る状態のこと
......と、著者の計算に基づけば東京に住んでいる場合
ベッドの頭部を低く27度傾け(足部を高くする)
寝る必要があるのだとか!!

そこまで調整して北枕を捉えられたなら
確かに、不幸が起こるどころか
賞賛されるべきではないか......との著者の意見に納得です。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土)

足場とクロッカス

この時季の長雨の影響もあって
住んでいるマンションの大規模修繕の工程が
1~2週間くらい遅れているようです。

ようやく、うちの庭にも足場が組み上がりました。

090307_175001

長雨でも、気温はさほど下がらなかった
......というよりも、比較的暖かな日が続いたからか
鉢上げで救いきれなかったクロッカスが
地面から顔を出していました。

090307_175202

足場のすぐ脇なので
いずれ踏まれてしまうかもしれません。

許せ、クロッカスよ。
うちにはもう、鉢も置き場も用意できないのだ。

それでも、球根は生き延びてくれると信じているぞ!!
(過剰な期待)

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

届きました

@nifty主催、『地球のココロ』のブログアクション
1月のテーマ「エシカル」へのトラックバックで当選した
ココログのエコバッグが届きました。

デザインは、シンプルにして
しっかりとした生地のエコバッグ。

090307_182203

こうした抽選の企画に当選することなど
滅多にない私にとって、ブログを書き続ける
ちょっとしたモチベーションになりますね。

このエコバッグは、普段づかいとさせていただきます。


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

ビートルズ学

どんなことを、どのように学ぶのでしょう。
ちょっと興味あります。

『「ビートルズ学」で修士号 リバプールの大学に新課程』 朝日新聞

ところで、卒業後の進路は
どのような就職先を考えればよいのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

どのように気をつけるべきなのか?

さすがのトレンドマイクロも
対策ソフトのアップデートのほか
重要ファイルのバックアップを推奨しています。

『「感染のたびに姿を変えるウイルス」が米国で猛威、国内でも要警戒』 ITpro

「VIRUX」というウイルスは
自分のコピーを実行形式ファイルに感染させ
当該ファイルの実行とともに
ウイルスとして働くわけですが
恐ろしいのは、感染時に毎回異なる暗号化を施し
感染場所や、感染方法も毎回変えるというのです。

パターンマッチング型のセキュリティソフトは
もはや通用しない時代なのか
決定的な防御策を講じることが
難しくなっているようです。

現段階では、国内の感染報告は無いようですが
ネットワークでつながっている以上
楽観はできませんね。

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

「いたずら書き」の効能

つい、いたずら書きをしてしまう人に朗報です。

『「いたずら書きは集中力を高める」その理由は』 WIRED VISION

私も高校くらいまで、自分の教科書やノートに
よく落書きをしていたものでした。

残念ながら、それによって
絵の才能が成就することはありませんでしたが
どこか、自分の書いた
下手なイラストや不可解なメッセージが
メインの情報(学校なら授業そのもの)を
スムーズに記憶にとどめる、フックのような役割を
担っていたのかもしれません。

なんとも逆説的ですが、いたずら書きは
集中力が欲する、重要な儀式のようです。

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »