« 揚げ物は作らず嫌いだったのですが | トップページ | 『くたばれ、マニュアル! 書き手の錯覚、読み手の癇癪』 »

2009年3月23日 (月)

『人がいきる組織 共創が働き方を変える』

普通のビジネス書と思いきや
冒頭から、イラストが多用されていて
感性に訴えかけてきます。

『人がいきる組織 共創が働き方を変える』
           共創型組織研究会 編・著

チームワークによる
個々の働きがいを追求するために必要なのが
共創的組織を、いかに作るかが
本書の命題となっています。

こういうテーマの事例として
常にと言って良いほど、パタゴニアが挙がるのは
個を尊重した、風通しの良い社風が
社内はもとより、世に広く浸透しているからでしょう。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

|

« 揚げ物は作らず嫌いだったのですが | トップページ | 『くたばれ、マニュアル! 書き手の錯覚、読み手の癇癪』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50722/28772266

この記事へのトラックバック一覧です: 『人がいきる組織 共創が働き方を変える』:

« 揚げ物は作らず嫌いだったのですが | トップページ | 『くたばれ、マニュアル! 書き手の錯覚、読み手の癇癪』 »