« 『食料自給率の「なぜ?」 どうして低いといけないのか?』 | トップページ | 大宮公園のサクラ »

2009年4月 3日 (金)

『アメリカの高校生が読んでいる起業の教科書』

これを本当に、アメリカの高校生が読んでいるとしたら
ビジネスについて、相当なポテンシャルを持っていることを
疑う余地はないでしょう。

『アメリカの高校生が読んでいる起業の教科書』
山岡道男
淺野忠克 著

専門用語も、もちろん使われていますが
重要なことは、その意味を
辞書のごとく丸暗記することでなく
その仕組みや機能を理解すること。

そこに照準が合っているからこそ
ともすれば「経営学」になりがちな内容も
平易な言葉を用いることに、余念がありません。

あ~、私も高校生の頃に読んでおきたかった......。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

|

« 『食料自給率の「なぜ?」 どうして低いといけないのか?』 | トップページ | 大宮公園のサクラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50722/28951436

この記事へのトラックバック一覧です: 『アメリカの高校生が読んでいる起業の教科書』:

« 『食料自給率の「なぜ?」 どうして低いといけないのか?』 | トップページ | 大宮公園のサクラ »